実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【アインズ・ウール・ゴウン絶対支配者光臨(オーバーロード・オバロ)】スロット台評価、感想、打ち方、設定差、立ち回り、改善点

「アインズ・ウール・ゴウン絶対支配者光臨(オーバーロード・オバロ)」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。
※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

動画バナー

台の基本情報

オバロ4

  • 機種名:アインズ・ウール・ゴウン絶対支配者光臨
  • メーカー:オーイズミ
  • 導入時期:2019年8月
  • タイプ:AT(純増約2.8枚)

ライトノベルやアニメになった「OVERLOAD(オーバーロード)」のパチスロ化。

そのためパチスロ機においても、「オーバーロード」や「オバロ」と呼ばれている。

パチスロ機としては「OVERLOAD(オーバーロード)」というアニメ自体のタイトルではなく、主人公が転移後の世界で名乗っていた「アインズ・ウール・ゴウン」を使用している。

ゲーム性について

通常時は「1Kチャンス」と呼ばれるチャンスゾーンでのボーナスやAT当選を目指す。

1Kチャンスは、平均50Gに1回で訪れるチャンスゾーンとなるため、頻繁にチャンスが訪れる仕様。

1Kチャンスへは、レア役からの当選だけでなく「末尾86G」からも突入のチャンスがある。(レア役、86G併せて50Gに1回程度)

1Kチャンス前兆中は、ボーナスへの格上げ抽選を行っている。ボーナス中はAT突入を抽選。見事当選することでAT「OVERLOAD」に突入。
1Kチャンス中は、チャンス役が液晶左右にあるランプで告知されるので、対応役を引くことで、AT当選のチャンスとなる。
※下の写真の液晶左右の4色のランプ。点灯したランプの色がチャンス役となる。

オバロ2

基本的な打ち方

目押しレベル

色目押しが出来れば、問題なく打てると思います。

通常時の打ち方・リール配列

オバロ1

  • 左リール赤7を枠上~上段付近に目押し
  • スイカが滑ってきた場合には、中右も赤7を目安にスイカをフォロー

立ち回りのポイント

情報は正確であるよう配慮していますが、間違っている可能性もありますので、最終的な判断は、ご自身でご判断ください。

天井&恩恵

  • 最大天井786G+前兆
  • 恩恵:1/2でAT当選

やめ時

  • ボーナス終了後、AT終了後の86Gに関しては、当選率が高い可能性あり。
    そのため、86G+前兆の状況を確認してやめるのもあり。

設定差・設定推測

設定差に関しては、個人的に注目したいポイントのみ記載しています。細かい部分まで知りたい方は、解析サイトなどをご覧ください。

設定確定パターン

  • ボーナス確定画面シャルティア・アルベド(左右に女の子二人):設定2以上
    至高の41人(アインズ・ウール・ゴウンを中心として影がたくさんいる):設定5以上
  • ボーナス終了画面金縁モモン・ナーベ(鎧をまとった人物が後ろにいる):設定4以上
    金縁アルベド(白い衣装):設定5以上
  • ATラウンド開始画面アルベド激熱(白い衣装):設定6

注目すべき設定差

  • レア役出現率《弱チェリー》

    設定1:1/91.0
    設定2:1/89.8
    設定3:1/88.6
    設定4:1/86.2
    設定5:1/84.0
    設定6:1/81.9

    《スイカ》

    設定1:1/109.2
    設定2:1/105.5
    設定3:1/102.1
    設定4:1/97.5
    設定5:1/93.4
    設定6:1/89.0

  • モード移行率偶数設定がモードB(186、386、586Gで前兆が発生しやすいモード)に行きやすいが、特に設定6は、75%がモードBに移行する
  • レア役による直撃抽選レア役成立時の一部で直撃抽選を行っているが、設定6のみ1/520.5と別格の数値となっている。
    ※偶数設定優遇だが、設定4でも約1/1500。設定1は1/16963.8

 

初稼働の状況

初稼働の際には、全くなにも引けず、当たる気配を感じることができなかったため、ヘタレやめ。

 

時間を空けて、再度挑戦したところ、初当たりが天井・・・。

にくじるくんエーンSD

結局、初当たりから天井ATを射止めるだけで、マネー的な活動限界となり、終了。

そのため、今回の評価は、あまり楽しい部分を知らないまま作成しています。
m(_ _)mごめんなさい。

筐体関連

筐体自体は特に打ちにくいということもないかと思います。

演出関連

演出というよりは、表示の不親切さが気になりました。

「末尾86G」というゲーム性として重要な部分があるにも関わらず、画面上にゲーム数カウントが表示されていないのは、不親切であると感じました。

設定変更などが分かりにくいようにする配慮があったのかもしれませんが、純粋に不親切です。

出玉関連

自身の稼働では、全く持って出玉性能を堪能できていないので、なんとも言えませんが、天井ATで100枚程度で終わったことを考えると、やはり厳しい台なのかもしれません。

個人的総評

良い部分を堪能できていないため、何とも言えないですが、また打ちたいと思えなかったのは、残念でもありますし、きっとそういうことなのだと思います。

インスタグラムバナー

稼働継続予測と適正台数予測

  • 稼働継続:1か月程度
  • 適正台数予測:0~1台
    ※150台規模のホールとして予想

次回作改善要望

これまでのオーイズミの台を考えてみても、大量設置となる台を生み出せていないという現実があるかと思います。

個々を突破する方法としては、いくつか方法があるかと思いますが、一番簡単なのは「打ち手の強い支持を得ること」です。

「打ち手の強い支持を得る」一番の近道は「めっちゃ出る」ということ。

出玉設計を強化して、他メーカーより出ちゃう台を作っていただけたら、私たち打ち手は、率先して打つと思います。

メーカーさん、よろしくお願いします。
m(_ _)m

記事下部にある「TAGS」も活用して見て下さい。
#の付いている各タグをクリックすると、そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧