実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【P大工の源さん 超韋駄天BLACK】パチンコ新台評価、感想、スペック、当選時の内訳、改善点

源さん超韋駄天ブラック9

「P大工の源さん 超韋駄天BLACK」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。
※評価は基本的に初打ちでの印象を基準に行っています。必要に応じて複数回打った方が良いと判断した場合は複数回打ってから記事にしていますが、実稼働時間は少ない状況で評価していますのでご了承ください。
※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

源さん超韋駄天ブラック1

《勝手に評価!この台の評価は?》 ※10点満点

  • 総合評価・オススメ度:★★★★★★★(7点)
  • 演出面:★★★★★★(6点)
  • 出玉面・スペック:★★★★★★★★(8点)
にくじる
にくじる

打つ前から分かっていたことなんだけど、1つ気になってしまうところがあるのよねぇ~

《初打ち・初心者向け!無駄玉防止のために押えておくべきポイント》

  • 告知方法を選ぶ場面などは、アタッカーが開いていないので打ち出しをしない方が無駄玉防止になる
  • 先に導入されている「BLACK」ではない「超韋駄天」もあるので注意。
    ※店によっては、旧筐体を使っているところもあるかもしれません。

【P大工の源さん 超韋駄天】パチンコ新台評価、感想、スペック、当選時の内訳、改善点

にくじるツイッターバナー2

台の基本情報

源さん超韋駄天ブラック3

  • 機種名:P大工の源さん 超韋駄天BLACK
  • メーカー:三洋
  • 導入時期:2022年4月
  • タイプ:ST機
  • 確変突入率:50.2%
  • 確変継続率:約93%
  • 遊タイム(天井):なし

出玉獲得までの流れ

  1. 1/318.13を当て、50.2%の確変当たりをなんとしても引き当てる
    源さん超韋駄天ブラック8
  2. 時短3回転+残保留1回転で1/2.17を当て続けることで連チャンさせる
    ※15%は次回当選ほぼ確定の時短127回転付き

当選確率

  • 通常時の当選確率:1/318.13
  • 高確率時の当選確率:1/2.17
  • 賞球数:3&1&4&15 10C
  • ラウンド別出玉数
    10R:約1400個
    3R:約420個
    2R:約280個

当選時の内訳

通常時

  • 10R(時短127回):50.2%
  • 3R(時短0回):49.8%

右打ち中

  • 10R(時短127回):15.0%
  • 2R(時短3回):85.0%

初稼働の状況

源さん超韋駄天ブラック5

初打ちでは、全く当てることができませんでした。
(゜―Å)


続く2回目のチャレンジは・・・

  • 初当たり:単発
  • 2回目:単発


そして3回目にやっと確変STへ!

 

が、7連3000発程度で、まったく投資に足りておらず続行!

  • 4回目:単発

 

 

ギブアップぢゃあああああああああー
ヾ(`□´メ

 

筐体関連

源さん超韋駄天ブラック6
筐体に関しては、前作とほとんど同じですが、
役モノの絵が変わっているような気がしました。

が、特に影響はなく、前作と同じ感じになっているかと思います。

演出関連

源さん超韋駄天ブラック4

演出に関しても、基本的には今までと同じなので、前作を打ったことがある方であれば、違和感なく打てるかと思います。

ただ、おそらく一部は変更が加えられており、一部通常時の音楽のテンポが変わった?ように感じたり、バランス面で少し改良がくわえられているかと思われます。

前作では非常に気になった退屈感に関しては、打つ側も慣れてきていることと、知識が増えたことにより、特に気になりませんでした。

また、1つだけ非常に気になることがありました。

源さん超韋駄天ブラック10

今回のスペックを実現するためには仕方のないことであり、打つ前から分かっていたことでもあるのですが、今作に関しては、初当たりの「超源チャレンジ」のジャッジは、盤面左下のランプを見てしまえば分かってしまいます。

そのため「ドキドキできなくなってしまった」ことは残念でした。

出玉関連

 

源さん超韋駄天ブラック7

初当たりで確変STにさえ入ってしまえば、ある程度の出玉が保障される仕様は良かったと思います。

また連チャン中の15%で10R+次回当選までが獲得できる点でも、爆発力がアップしているはずなので、魅力的な台だと思います。

ただ、確変を取れなかったときの出玉とがっかり感はやはり厳しく、他の319機種と比較した時に、その部分の怖さを敬遠して、他の機種に行く人も多いような気がしました。

個人的総評

源さん超韋駄天ブラック2

ランプで確変の当否が丸わかりなのは、パチンコの規則で当選状況を分かるようにしなければならないというルールがあるはずなので、仕方のないことではあります。

であれば、初当たりは7R(約1000球)で共通にするようにしていれば、ジャッジを楽しめる仕様となり、かつ確変を取れなかった時にもある程度の出玉が取れたはずなので、そこは勿体なかった気がします。

爆発力があり、魅力的な台であることは間違いないのですが、個人的には確変を取れなかった時の怖さの方が勝ってしまいます。

稼働継続予測と適正台数予測

  • 稼働継続:3~6か月
  • 適正台数予測:6~12台
    ※250台規模のホールとして予想

次回作改善要望

確変を取れなかった時が厳しいので、取れなかったときにもある程度の出玉か時短などで救済があると嬉しいです。

結局、入らなかった時の怖さが、打つことを敬遠してしまうので・・・。

メーカーさん、よろしくお願いします。
m(_ _)m

記事下部にある「TAGS」も活用してみて下さい。
#の付いている各タグをクリックすると
そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

にくじるchバナー2

 

 

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧