実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッドゴールド】スロット新台評価、感想、打ち方、設定差、設定判別、立ち回り、改善点

HOTDゴールド3

「パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッドゴールド」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。
※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

《勝手に評価!この台の評価は?》 ※10点満点

  • 総合評価・オススメ度:★★★★★(5点)
  • 演出面:★★★★★(5点)
  • 出玉面・スペック:★★★★★(5点)

 

にくじる
にくじる

《にくじるのひとこと》
打ち手は「何度も狙いたい」のではなく、「何度も揃えたい」のですよ。
┐(´―`)┌

《初打ち・初心者向け!最低限抑えておくべきポイント》

奴らゾーン終了画面でPUSHボタンを押すこと。
※表示された画像枠の色で設定示唆が行われているため。詳細は設定推測の項目で。

 

にくじるchバナー2

台の基本情報

HOTDゴールド6

  • 機種名:パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッドゴールド
  • メーカー:山佐
  • 導入時期:2020年11月
  • タイプ:AT機(純増約8.7枚)

ゲーム性について

  1. 規定ゲーム数までは、「奴らゾーン」などに突入させながら「奴ら玉・欠片」を集める
    HOTDゴールド2
  2. 規定ゲーム数到達でCZ「黙示録チャンス」へ。
    ※前半の準備パートで「奴ら玉・欠片」を高確率でストック。後半で「奴ら玉」を使ってバトル。
    HOTDゴールド4
  3. バトル勝利でAT「オールデッズアタック」へ。

  4. AT中は画面左下の奴ライフを0にして、上乗せ抽選を受けてG数を上乗せしながら出玉を増やしていく
    HOTDゴールド7

基本的な打ち方

目押しレベル

色目押しが出来れば問題ないです。

通常時の打ち方・リール配列

HOTDゴールド9

  1. 左リール赤7を上段~中段付近に狙う
  2. 中リールを適当押ししてスイカがテンパイした際には、右リール赤7を目安にスイカをフォロー

立ち回りのポイント

情報は正確であるよう配慮していますが、間違っている可能性もありますので、最終的な判断は、ご自身でご判断ください。

天井&恩恵

  • 天井:有利区間移行後765G
  • 恩恵:CZ「黙示録チャンス」当選

やめ時

おそらくCZ、AT終了後

 

設定差・設定推測

設定差に関しては、個人的に注目したいポイントのみ記載しています。細かい部分まで知りたい方は、解析サイトなどをご覧ください。

設定確定パターン

  • 奴らゾーン終了画面の画像枠の色
    ※終了画面でPUSHボタンを押さないと表示されないので注意
    銅枠:設定2以上
    赤枠:設定4以上
    金枠:設定6

  • AT終了画面の画像枠の色
    HOTDゴールド8

    銅枠:設定2以上
    赤枠:設定4以上
    金枠:設定6

注目すべき設定差

  • 黙示録CHANCE出現率
    高設定ほど浅いゲーム数が選ばれやすい模様
    設定1~6:1/501.3~1/385.3

  • 共通ベル
    設定1:1/55.5
    設定2:1/54.4
    設定3:1/52.3
    設定4:1/51.4
    設定5:1/50.4
    設定6:1/49.5

初稼働の状況

初当たり2回取るまで打ちました。

そこまで深いハマりにならなかったのは良かったのですが、
AT初期ゲームが2回とも40Gで、かつ上乗せなしの駆け抜けだったので、

正直あまり楽しめる稼働にはなりませんでした。

筐体関連

特にうちにくいということはありませんでした。

演出関連

HOTDゴールド5

通常時は「奴らゾーン」以外は、前兆演出がある程度なので、規定ゲーム数待ちになってしまいます。

そのため、あまり期待感を持てる時間が少ない気がします。

さらに高純増機であるため通常時間が長いことを考えると、もう少しなんとかして欲しかったところです。

しかし、本機の演出部分で一番気になったのは別の部分です。

AT初期ゲーム数を告知する「毒島GOLDENるーれっとッ!」があるのですが、「毒島GOLDENるーれっとッ!」では一定時間リールが回転し、時間内なら何回もバーを狙うことが出来るのです。

そして基本的にはバーは揃わず、何回も狙うだけの行為をした結果、初期ゲーム数40Gが告知されるのです。
※揃う場合は1回だけ揃う模様

少し開発側が勘違いしているのか分かりませんが、打ち手は「何度も狙いたい」のではなく、「何度も揃えたい」のです。

ここを勘違いしているような気がしました。

同じことをするのであれば、AT突入時に特化ゾーンスタートにして、ちゃんと何回か揃わせた結果、最低40Gスタートにすれば良いだけです。

なぜこんな演出にしてしまったのか。

打ち手の欲求を勘違いしてしまっている気がしてなりませんでした。

出玉関連

HOTDゴールド1

通常時は玉を集めながら規定ゲーム数を待つという、内部的に決まっているゲーム数を消化する作業になってしまうのは、仕方がないのかもしれないですが、しんどい部分だと思いました。

ATに関しても、基本的に40Gスタートで何もできずに駆け抜けになってしまうことが多そうで、出玉に期待をできる状況が見えなかったのは残念なところです。
※毒島乱数などの上乗せを体感していないので分かりません

個人的総評

演出関連のところで書いた「毒島GOLDENるーれっとッ!」に関する部分が、本機を物語っているのではないかと思います。

打ち手が求めている部分をズレて捉えてしまっていると、いろいろな部分で同じようにズレが生じてしまいます。

山佐は、モンキーターン4が良かったので、その流れで良い台を作ってくれると思って頂けに残念でなりません。

稼働継続予測と適正台数予測

  • 稼働継続:0~1か月
  • 適正台数予測:0~1台
    ※250台規模のホールとして予想

次回作改善要望

打ち手が本当に求めているものが何であるのかを、もう一度見直して開発していただきたいと思います。

スタートをちゃんと揃えられる特化ゾーンにしていただけでも、かなり印象は違ったはずです。

山佐は航空機事業などで苦しいかもしれませんが、良い台を作って盛り返していただけたら嬉しいです。

メーカーさん、よろしくお願いします。
m(_ _)m

記事下部にある「TAGS」も活用してみて下さい。
#の付いている各タグをクリックすると
そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

 

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧