実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【P結城友奈は勇者である(パチンコゆゆゆ)】パチンコ新台評価、感想、スペック、当選時の内訳、改善点

パチンコ結城友奈8

「P結城友奈は勇者である」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。
※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

《勝手に評価!この台の評価は?》 ※10点満点

  • 総合評価・オススメ度:★★★★★★(6点)
  • 演出面:★★★★★(5点)
  • 出玉面・スペック:★★★★★★★(7点)
にくじる
にくじる

《にくじるのひとこと》
個人的には、演出バランスがちょっと無理かも・・・。天井狙いは美味しいかも。

《初打ち・初心者向け!無駄玉防止のために抑えておくべきポイント》

遊タイム(天井)搭載機。低確率555回転でツインループ状態となり、最低10R2回の当たりは獲得できるので、やめ時注意!

にくじるインスタバナー2

台の基本情報

パチンコ結城友奈1

  • 機種名:P結城友奈は勇者である
  • メーカー:西陣
  • 導入時期:2020年11月
  • タイプ:ライトミドル2回ループ確変機。遊タイム(天井)搭載。一種二種混合機。
    低確率555回転でツインループ状態となり、最低10R2回の当たりは獲得確定
    ※ツインループ突入時の実質継続率は約77%

出玉獲得までの流れ

  1. 1/198.59の当たりを引き、54%のツインループへ突入させる。
    パチンコ結城友奈6
  2. 2回以内に当たりの40%にあたるツインループ付き当たりを取り続けることで連チャンさせる。
    ※実質継続率は約77%

当選確率

  • 通常時の当選確率:1/198.59

  • 高確率時の当選確率:1/1

  • 賞球数:1&2&7&2&9 10C

  • ラウンド別出玉数
    10R:約770個
    7R:約540個

当選時の内訳

  • 通常時
    7R+ツインループ:54%
    7R:46%

  • 右打ち中
    10R+ツインループ:40%
    10R:60%

初稼働の状況

流石の引きの弱さを言いますか、

初当たりがですね・・・

 

パチンコ結城友奈4


天井っ!!
凸(゜Д゜#)

6連チャンくらいしたのですが、流石に当たりを引けていないので、さらに追うことに!

 

またまた余裕で確率分母を超え、やっと当てることが出来たものの・・・

 

単発!
凸(゜Д゜#)

 

次を追ったら・・・


また単発
ヾ(`□´メ

まことに大惨事であ~ら~れぇ~る
_| ̄|○

筐体関連

パチンコ結城友奈5

筐体上部のロゴの部分などは、可愛い感じです。

特に打ちにくいということはありませんでしたが、
小当たりを搭載しているのであれば、右打ちボタンが搭載されていると良かったと感じました。

パチンコ結城友奈2
※通常時に「パト牛鬼モード」に突入すると、1回転目に小当たりに当たっているようで、短時間だけ右打ちを指示される

演出関連

パチンコ結城友奈7

一部、キャラクターの表記が間違っていたようです。

原作は見ていないので、その部分は気にならないのですが、ファンからするとがっかりする部分なのかもしれません。

また、いくつか演出をオマージュしている部分もあるように感じましたが、その点については個人的には構わないと思いました。

他には、天井到達時にはひっそりと画面右上に矢印が出るだけだったので、少し不親切である気がしました。

本機で一番気になったのは、演出のバランスです。

シューティングゲームをプレイするような演出など、面白い演出はあるにはあるのです。
パチンコ結城友奈3

でも、これはひょっとすると西陣さんの機種全体に言えることなのかもしれませんが、演出の頻度や強弱のバランスが良くないと感じてしまうのです。

慣れれば問題ないのかもしれませんし、気にならなくなるのかもしれないのですが、流石に天井到達までの555回転の間に、期待出来る演出が本当に1回もなければイライラもするのです。

新台初打ちで、ここまでカメラを構えなかったのは初めてかもしれません。

振り返ってみると、直近で評価した西陣機種では「Pモモキュンソード」があるのですが、この時のレビューを見ても、演出面が引っかかっています。

もう少し演出バランスの調整に力を入れて欲しいと感じました。

 

出玉関連

パチンコ結城友奈9
出玉に関しては、ライトミドルなので悪くはないのですが、物足りなさを感じてしまいました。

ツインループ機であり、ツインループ比率を40%まで上げているので、そこそこの連チャンが期待できます。

しかし、1回あたりの出玉が、少し物足りないのです。

これを1000発まで引き上げられていたら、「1000発がツインループする」というウリにもなり、打ち手をより惹きつけられたのではないかを感じました。

とは言え、現時点のスペックでも天井は結構甘い機種であると思うので、適度に稼働してくれたとすれば、美味しい機種なのかもしれないと感じました。

個人的総評

本文内でも言及しましたが、「演出バランス」と「1回当たりの出玉」をもう少し何とか出来ていれば良かったと思います。

「P13日の金曜日ライト」などは、580個33%のツインループであったことを考えると、徐々にスペックが上がってきているのは分かります。

しかし、まだ足りない気がしました。

稼働継続予測と適正台数予測

  • 稼働継続:1~3か月
  • 適正台数予測:1~2台
    ※250台規模のホールとして予想

次回作改善要望

ツインループが今のところ大きな支持を得られていないのは、おそらく出玉感の弱さです。

「以後2回当たるからモリモリ出るじゃん!」という期待と、現実のギャップに差があるのです。

この差を埋めてくれることを期待しています。

メーカーさん、よろしくお願いします。
m(_ _)m

記事下部にある「TAGS」も活用してみて下さい。
#の付いている各タグをクリックすると
そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧