実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【戦国コレクション2】スロット台評価、感想、打ち方、設定差、設定判別、立ち回り、改善点

戦国コレクション3

「戦国コレクション2」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。
※旧サイトにて過去に公開した記事です。そのため、当時の予測などが含まれています。
※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

《勝手に評価!この台の評価は?》 ※10点満点

 

  • 総合評価・オススメ度:★★★★★★★★★★★★(9点)
  • 演出面:★★★★★★★★★★(7点)
  • 出玉面・スペック:★★★★★★★★★★★(8点)

《ひとこと》
戦コレの初戦80%は、個人的に80%負ける・・・。

《初打ち・初心者向け!最低限抑えておくべきポイント》

 

  • 世界制覇の後はもう1回すぐ当たるので、即やめ厳禁!
  • 鬼が島チャレンジで青鬼が出てきたら、次回、世界制覇確定なので当たるまで打つ。

動画バナー

台の基本情報

戦国コレクション11

  • 機種名:戦国コレクション2
  • メーカー:KPE
  • 導入時期:2015年3月
  • タイプ:シナリオ管理型AT(純増3枚)

ゲーム性について

モンキーターンに代表されるシナリオ管理型AT機。1セット40G+αのゲーム数上乗せタイプ。シナリオに関しては、扉絵で示唆される。

戦国コレクション2

セット終了時のバトルに勝利すれば、次のセットへ。

またセット乗せ特化ゾーン「ロボニャンドライブ」もあるので、継続率が低くても、自力で突破することもできる。
戦国コレクション7

最高8セット継続し、8セット継続時には「世界制覇」となり、次回「超天国モード」での当たりが確定する。

通常時は、規定コレポイントに達することで、AT当選となる。
※レア役による直撃もあり。

基本的な打ち方

目押しレベル

色目押しができれば問題ないと思います。

通常時の打ち方・リール配列

戦国コレクション1

  1. 左リールバーを上段付近に狙う
  2. スイカが滑ってきた場合には、中右ともにバー付近を狙い、スイカをフォロー

参考:チェリーの停止形

戦国コレクション10

左リールにチェリーが停止した際には、右リールに3連7を狙うと「強、弱、SRチェリー」の判別が可能となる

  • 弱チェリー:右リール中段にリプレイが止まる
  • 強チェリー:7が2つ枠内に止まる(中段に7が止まる)
  • SRチェリー:3連7が枠内に止まる

立ち回りのポイント

情報は正確であるよう配慮していますが、間違っている可能性もありますので、最終的な判断は、ご自身でご判断ください。

天井&恩恵

戦国コレクション6

  • 最深天井:999コレ
  • 恩恵:AT当選

※ゲーム数ではなく、画面右下に表示されている「コレ」なので注意。
※滞在モードによって天井コレ数は異なる

やめ時

《基本》

  • 128コレ付近で起こる前兆演出終了まで。AT終了時のエフェクトにより示唆はあるものの、実践上、示唆が弱いものであっても128以内に当たることが多いので、128コレやめを推奨。

    ※噂ですが2000枚モードが存在する模様。自分でも1回体験しています。2000枚でるまで天国モードをループしまくる。

《例外》

  • 鬼が島チャレンジで鬼にたんこぶが出来た時は続行!
    ※残り300コレ以内に当たることが濃厚
  • 鬼が島チャレンジで青鬼が出現したときは、次回当たりまで続行!
    ※次回当選ATでの世界制覇が濃厚
    戦国コレクション12

《その他》

  • 鬼が島チャレンジで、中途半端なコレ数になった場合は、次のゾーンまで打つのもあり。
    基本的に128コレ刻みで熱いゾーンがある。
    ※128,256,384,512,640,768,896

設定差・設定推測

設定差に関しては、個人的に注目したいポイントのみ記載しています。細かい部分まで知りたい方は、解析サイトなどをご覧ください。

設定確定パターン

  • AT中7揃い形
    4の形に停止:設定4以上
    7の形に停止:設定6
  • 鬼ヶ島チャレンジの獲得コレポイント
    22コレ:偶数設定
    44コレ:設定4以上
    55コレ:設定5以上
    66コレ:設定6
    999コレ:設定6
  • 特殊モードへの移行で設定4以上が確定。
    ※特殊モード移行の判断は、当選コレ数でのみ判別できる
    444コレ:設定4以上
    456コレ:設定4以上
    555コレ:設定5以上
    573コレ:設定6
    666コレ:設定6
    777コレ:設定6
    999コレ:設定6

注目すべき設定差

通常B移行率には設定差があるものの、正確な判別ができないため除外。

レア役でのAT直撃は高設定ほど高くなるが、数値が低すぎるので判断しにくい。

レア役からの鬼ヶ島チャレンジについても設定差あり。スイカでの鬼ヶ島チャレンジは、高設定に期待しても良いかも。

逆に鬼ヶ島チャレンジで設定差のないものは、「強チェリーの50%、レジェンド役の100%」のみ

初稼働の状況

空台を見つけ打ち始めるも
レア役も重く、鬼ヶ島チャレンジにも突入しない状態が続き
気が付けば700Gを過ぎていました。

そうこうしていると

戦国コレクション8

上の写メのように中段チェリーを引きます。

 

これ1/65536なんですね
ヾ(≧∇≦*)ゝ

というのは調べたのですが
それ以外の恩恵は分からぬまま消化していました。

後で、というか
この記事書くにあたって調べたのですが

この中段チェリーの1/2で
フリーズするとか
( ̄□ ̄;)!!

。・゜・(/Д`)・゜・。おーまいがー

知らない方が良いこともあるのですね。
(;´▽`A“

※中段チェリーは世界制覇(8セット継続)確定
※モンキーで言うグランドスラム
※引くタイミングによって恩恵は違う模様

継続するかドキドキする必要はなかったのですね
(;´▽`A“

※フリーズしていたとしたら
8セット×2+超天国だったようです
_| ̄|○

でフリーズで出来なかった出玉結果は・・・・

 

 

 

たったの360Gで約1100枚!

40G×8セット=320Gなので
たったの40Gしか乗せずに駆け抜けました。

当然、超天国での当たりも1セットで終わらせておきましたよ。
(・∀・)どや

筐体関連

ゴザルニャンと武将ガチャの役モノは、要所、要所で動くので良いと思います。

打ちにくいということはなかったです。

演出関連

修羅モードの強弱がはっきりし過ぎている感じがします。当たらないと思える時は、ほぼ当たりませんし、当たりそうなときは分かります。そのあたりは、もう少し上手くやって欲しかったところです。

強レア役を引いても演出が引っ張られないで完結が早いです。強レア役の必現頻度が高ければ良いですが滅多に来ないので、異常に退屈な時間が長くなります。

上記レア役の出現頻度が低いことにより、短縮されないコレポイントでの当選を待つゲーム性となり、128周期の台を打っている感覚になって退屈な時間が長いです。

鬼ヶ島チェレンジに入る頻度が低く、入っても小役を引かないと上乗せしないためキツイです。自分が打った感じでは30~80くらいの上乗せ(短縮)程度。
せめて強チェリーは50%ではなく、100%にして欲しかったです。

出玉関連

戦国コレクション9

純増3枚であるため、きっちりとした出玉感が得られるのは良いと思いました。

また、あまりチャンスはないものの「夢幻斬り」「2人のコレクション」での上乗せは、大きなゲーム数が期待できるため、非常に良いと思いました。

戦国コレクション4

ただ、自分だけかは分かりませんが、初戦の継続率80%の赤ステージ。本当に80%なのか疑問が残りました。

かなりの回数打っていますが、80%初戦で負ける感じです。

個人的総評

導入から結構経っていますが、ついつい打ちたくなる台です。

実は導入当初の評価では、低評価を付けていた台でした。
(;´▽`A“

結局、長期に渡り、個人的にも好きで打ちこんでしまう台になったので、限界まで撤去せずに使って欲しいものです。

稼働継続予測と適正台数予測

戦国コレクション5

  • 稼働継続:1年以上
  • 適正台数予測:1~4台
    ※150台規模のホールとして予想

次回作改善要望

次回作以降も、このシステムを忠実に再現していけば良いと思います。

余計なことはしなくても良いと思いますね・・・。

メーカーさん、よろしくお願いいたします。
m(_ _)m

記事下部にある「TAGS」も活用してみて下さい。
#の付いている各タグをクリックすると
そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧