実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【PA怪盗おそ松さん】パチンコ新台評価、感想、スペック、当選時の内訳、改善点

怪盗おそ松さん7

「PA怪盗おそ松さん」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。

※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

《勝手に評価!この台の評価は?》 ※10点満点

 

  • 総合評価・オススメ度:★★★★(4点)
  • 演出面:★★★★★(5点)
  • 出玉面・スペック:★★★★(4点)

《ひとこと》

V入賞の難易度と出玉のバランスが合っていないのかも。普通の羽根モノよりバンバン羽根が開くのはとても良いです。

《初打ち・初心者向け!無駄玉防止のために抑えておくべきポイント》

 

釘や役モノのクセなどが大きく影響するのでご注意ください。

台の基本情報

  • 機種名:PA怪盗おそ松さん
  • メーカー:D-light
  • 導入時期:2020年2月
  • タイプ:羽根モノ

出玉獲得までの流れ

怪盗おそ松さん6

※ホール設置の遊戯解説が分かりやすいので、そのまま掲載しています。

図の通りですが、解説が薄い4の部分に関してもう少し解説します。

羽根で拾われた球は、3段のステージをクリアすることでV入賞します。

怪盗おそ松さん役モノ1段目

怪盗おそ松さん3
羽根に拾われた球は1段目の奥から手前に流れてくることになります。その際に真ん中にある穴に落ちると、2段目で優遇されるスペシャルルートへ行くことになります。

多くは穴には入らず、手前に落ちて2段目へと流れていきます。

怪盗おそ松さん役モノ2段目

怪盗おそ松さん4

1段目で解説したように、2段目に流れ着くルートは2つあります。

  1. 1段目の穴に落ちたスペシャルルート
  2. 1段目の穴に落ちずに手前から流れてくる通常ルート

スペシャルルートの場合、2段目役モノの真上から落ちてくることになるため、3段目に進める赤の穴に入る確率は2/4となります。

ちょうど昔の羽根モノ「CRレレレにおまかせ!」のスペシャルルートと同じです。

対する通常ルートは、手前から球が流れてきます。そのため3段目に進める確率は2/12となります。

怪盗おそ松さん役モノ3段目

怪盗おそ松さん2

3段目に関しては、前半部分と後半部分で状況が変わります。

球が落ちた直後の前半部分では、上の写真のように赤い壁が立ちはだかり、ハズレルートをブロックしている状態になっています。

つまり、この状態の間に、如何にV入賞口に球を落とせるかがカギとなります。

怪盗おそ松さん1

後半になると、赤い壁がなくなり、ハズレルートが開いてしまいます。

この状況になってしまうと、大半はハズレてしまうことになります。

当選確率

  • 通常時の当選確率
    基本的には役モノによる物理的な当選となります
    以下は、羽根始動口(ゲームフローの①)に入賞した時の「直撃当選確率」となります。

    設定1:1/319.7
    設定2:1/290.0
    設定3:1/269.7
    設定4:1/249.2
    設定5:1/230.0
    設定6:1/200.4

  • 賞球数:1&9&15 10C
  • ラウンド別出玉数
    10R(実質9R):約700個
    5R(実質4R):約300個
    3R(実質2R):約150個

当選時の内訳

  • V入賞当たり時
    10R(実質9R):33.5%
    5R(実質4R):33.5%
    3R(実質2R):33.0%
  • 直撃当たり時
    10R(実質9R):52%
    5R(実質4R):24%
    3R(実質2R):24%

初稼働の状況

羽根モノは結構好きなので、何回も当たりを引くまで打ってしまい、ちゃんと負けました。

筐体関連

怪盗おそ松さん5

3段役モノが楽しめるので、とても良いと思います。

通常の羽根モノと違い、始動口は通常パチンコと同じようになっているため、頻繁に羽根が開くのも良いと思います。

演出関連

演出面は、リアルな球の動きとなるため、3段目に進んだときにはかなりドキドキできます。

おそ松さんたちのボイスが頻繁に発生するので、一般の羽根モノより退屈感は軽減されるかと思います。

出玉関連

気になったのは、この出玉の部分です。

おそらく釘や役モノのクセなどに大きく依存するとは思いますが、役モノ突破率と出玉のバランスが厳しいのではないかと感じました。

一般の羽根モノよりも、かなりの頻度で羽根が開き、球を拾うことになりますが、なかなかV入賞には至らないのです。

2段目の2/12が、おそらく主たる原因なのではないかと感じました。

個人的総評

出玉とV入賞のバランスが、少し厳しかったように感じます。

2/12が2/10や2/8であって欲しかったです。

羽根が開きまくる羽根モノということで、なかなか難しい部分はあったかと思いますが、勝てる気がしなかったので、勿体ないと思ってしまいました。

稼働継続予測と適正台数予測

  • 稼働継続:1か月
  • 適正台数予測:0~1台
    ※250台規模のホールとして予想

次回作改善要望

羽根が開きまくる羽根モノは、打っていて非常に良いと思いました。

また役モノも良かったので、出玉とのバランス調整を上手くやって頂けたら、長く愛される機種になれるような気がします。

メーカーさん、よろしくお願いいたします。
m(_ _)m

記事下部にある「TAGS」も活用してみて下さい。
#の付いている各タグをクリックすると
そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧