実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【Pギンギラパラダイス夢幻カーニバルHCA199ver.】スロット新台評価、感想、打ち方、設定差、設定判別、立ち回り、改善点

ギンパラ夢幻ライト5

「Pギンギラパラダイス夢幻カーニバルHCA199ver.」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。
※評価は基本的に初打ちでの印象を基準に行っています。必要に応じて複数回打った方が良いと判断した場合は複数回打ってから記事にしていますが、実稼働時間は少ない状況で評価していますのでご了承ください。
※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

ギンパラ夢幻ライト1

《勝手に評価!この台の評価は?》 ※10点満点

  • 総合評価・オススメ度:★★★★★★(6点)
  • 演出面:★★★★★★(6点)
  • 出玉面・スペック:★★★★★★(6点)
にくじる
にくじる

遊タイム(天井)付きのライトミドルで打ちやすくはなったけど、やっぱり突破がまあまあキツイよね。

《初打ち・初心者向け!無駄玉防止のために押えておくべきポイント》

 

  • ぱっと見、筐体が319と変わらないので打つ前にチェックすること
    ※盤面右下に数字(319、199)が書かれている
  • 遊タイム(天井)は低確率時599回転消化で時短759回転
    ※液晶左上で確認可能

 

台の基本情報

ギンパラ夢幻ライト4

  • 機種名:Pギンギラパラダイス夢幻カーニバルHCA199ver.
  • メーカー:サンスリー
  • 導入時期:2021年5月
  • タイプ:突破型一種二種混合ST機
  • 確変突入率:約50%
  • 確変継続率:約80%
  • 遊タイム(天井):低確率時599回転消化で時短759回転
    ※液晶左上で確認可能

出玉獲得までの流れ

  1. 1/199.8を当てる。大半(91%)は30回転の電サポが付く「ギンギラタイム」に突入する
    ギンパラ夢幻ライト9
  2. 「ギンギラタイム」30回転中に1/57.2をなんとしても当て「カーニバルRUSH」へ突入させる
    ギンパラ夢幻ライト8
  3. 「カーニバルRUSH」80回転で1/57.2を当て続けることで連チャンさせる
    ※一部596回転時短の夢幻STあり。596回転+残保留消化後に天井は発動のはず。
    ギンパラ夢幻ライト7

当選確率

  • 通常時の当選確率:1/199.8
  • 高確率時の当選確率:1/57.2
  • 賞球数:1&3&4&2&14 10C
  • ラウンド別出玉数
    10R:約1170個
    6R:約650個
    4R:約390個

当選時の内訳

通常時

  • 10R大当たり(80回転):1%
  • 6R大当たり(30回転):45.5%
  • 4R大当たり(80回転):8%
  • 4R大当たり(30回転):45.5%

右打ち中

  • 10R大当たり(596回転):6%
  • 10R大当たり(80回転):44%
  • 4R大当たり(596回転):6%
  • 4R大当たり(80回転):44%

初稼働の状況

ギンパラ夢幻ライト2

単発抜け後の台を打ち始めました。

で、当たったのは・・・

 

天井近くの約420回転


これなら天井行ってくれた方が確実にSTに突入できるからいいのに!!
ヾ(`□´メ


と思っていたのですが、きっちり30回転以内に当てる!
d(⌒―⌒)どや


結果・・・

 

 

 

ギンパラ夢幻ライト3

めっちゃ出た!!!!
(*/∀\*)イヤン


でも、まさかこの出玉がベルセルクでほぼ消滅するとはね・・・。
(°Д°)ぽか~ん。

筐体関連

4月に出た319版と同じ筐体です。

見分け方については、盤面右下にある数値。(319,199となっている)

にぎやかな感じの役モノになっていますが、当たるとき以外はあまり活躍していないような気がしました。

演出関連

319の記事でも書きましたが、スーパーリーチへの発展頻度が低い気がします。

ただ、199なので319ほど厳しい印象は薄れると思います。

出玉関連

ギンパラ夢幻ライト6

319版との違いがいくつかあります。
※以下のカッコ内の数値は、199版、319版の順で記載します。

  • 初当たり時の80回転ST突入割合が高い(9%と4%)
  • 30回転時短の突破率が低い(1/57.2と1/49.5)
  • ラッシュ継続率が低い(約80%と約85%)
  • 1回当たりの出玉が少し減っている
  • 199のみ遊タイム搭載

総合してみたときに気になったのは、30回転での突破が厳しいという部分です。

ライトミドル機なので、319よりもチャンスがあるのは良いですが、さすがに1/57.2は厳しいかと・・・。

自分の場合は、たまたま連チャンしましたが、そこまで連チャンが可能な数値ではないので、結果的に突破が難しいライトミドルよりも、P大海物語4スペシャルBLACKに行ってしまうのではないかと思いました。

個人的総評

実際の突破率は約50%なのかもしれませんが、ちょっと数値的に突破が厳しい印象を与えてしまうと感じました。

先月出た319よりも確率が悪いことが数値的に見えていて、319の実戦データから突破の難しさを打ち手はすで体感しています。

この状況でライトミドルに手が出るかというと、厳しいのではないかと思われます。

今回のシリーズは、319と199を1か月ずらして販売しましたが、結果的にはあまり良くなかったのではないかと思いました。

スペック違いは

  • 思いっきり時期をずらす
  • 同時に出す

が基本のような気がします。

今回のように1か月ずらしの場合、先に出した319の台が圧倒的にユーザーからの支持を得られるレベルでなければ厳しいと思うのです。

稼働継続予測と適正台数予測

  • 稼働継続:1~3か月
  • 適正台数予測:0~1台
    ※250台規模のホールとして予想

次回作改善要望

演出のバランス、突破率、リリース時期などに気を付けてリリースして欲しいと感じました。

特に海シリーズは、連続して出過ぎているので麻痺してしまう部分はありますが、そういう小さいところも重要だと思います。

メーカーさん、よろしくお願いします。
m(_ _)m

記事下部にある「TAGS」も活用してみて下さい。
#の付いている各タグをクリックすると
そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧