実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【ドリームクルーン2】スロット新台評価、感想、打ち方、設定差、立ち回り、改善点

ドリームクルーン2-5

「ドリームクルーン2」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。

※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

《初打ち・初心者向け!最低限抑えておくべきポイント》

 

  • 現時点では天井が不明なため、深追いしない方が良い。
  • ボーナス後1回は96Gまで回し94G~96Gの妖精、ゾウランプのフラッシュを確認すること。94G白フラッシュなし:設定56
    ※設定56でも白フラッシュは7割程度発生する

    95G赤フラッシュ発生:設定56
    ※設定5は100%、6は50%で発生する模様

    96G虹フラッシュ発生:設定6
    ※設定6であれば100%発生する模様

    つまり、95Gで赤フラッシュせずで、設定5を否定。96Gで虹フラッシュが発生しない時点で設定56否定となる。

ツイッターバナー

台の基本情報

ドリームクルーン2-4

  • 機種名:ドリームクルーン2
  • メーカー:オーイズミ
  • 導入時期:2019年12月
  • タイプ:差枚500枚擬似ボーナスAT
  • その他:設定は1,2,5,6の4段階設定

ゲーム性について

最終的に2段目のクルーンのVに球が入れば差枚500枚の擬似ボーナスが当たります。

初当たりの段階で500枚×3セットのボーナスが確定する「金の玉」や「虹色V入賞」があるだけでなく、32Gの引き戻しゾーンもあるため一撃性もあります。

穴の数だけで見れば、上段クルーンが1/3の突破率、下段クルーンは3/4が当たりとなるため、クルーンに球が入っただけで熱くなれるゲーム性です。

基本的な打ち方

目押しレベル

色目押しが出来れば問題ないと思います。

通常時の打ち方・リール配列

ドリームクルーン2-7

  1. 左リール青7を上中段に狙う
  2. 右リールを適当押し、スイカがテンパイした場合には、中リール青7目安にスイカをフォロー

※小役の強弱の判別に適した中押し手順もありますが、小役の設定差が微少であったり、出現率が低いものであるため、当サイトでは解説していません。

立ち回りのポイント

情報は正確であるよう配慮していますが、間違っている可能性もありますので、最終的な判断は、ご自身でご判断ください。

天井&恩恵

現状天井が不明です。

実際のホールでは、クルーンに入っただけでREGがカウントされていたので、天井自体が無い可能性もあります。

やめ時

  • ボーナス後32G。またはAT後1回は96Gまで確認しておくと良い
    ※96Gまで回す理由としては、設定確定要素があるため。設定確定パターン参照。

設定差・設定推測

設定差に関しては、個人的に注目したいポイントのみ記載しています。細かい部分まで知りたい方は、解析サイトなどをご覧ください。

設定確定パターン

  • 体温計演出:45.6度:設定5,6
  • 教会演出
    222カネー:設定2以上
    456カネー、555カネー:設定5以上
    666カネー:設定6
    ※下の写真の右上のところに表示されているのが「カネー」です。
    ドリームクルーン2-6
  • 大当たり中ラウンドガールがゴージャスな恰好:設定5,6
  • 大当たり終了後パネルフラッシュ特殊パターン:設定5,6
  • AT終了後特定G数での妖精&ゾウのフラッシュの色
    94G白フラッシュなし:設定56(設定56でも白フラッシュは7割程度発生する)
    95G赤フラッシュ発生:設定56(設定5は100%、6は50%で発生する模様)
    96G虹フラッシュ発生:設定6(設定6であれば100%発生する模様)
    ドリームクルーン2-3
    ドリームクルーン2-2

注目すべき設定差

小役に設定差はあるものの、微笑であると感じます。
他の設定確定パターンで見抜く方が良いと思われます。

使えそうなものとして、上段クルーンの突破率に設定差があるので、記載しておきます。

  • 設定1:1/3.5
  • 設定2:1/3.4
  • 設定5:1/2.9
  • 設定6:1/2.6

初稼働の状況

前作もちょっと「数回クルーンに入れるまで打ってみよう」というように打ってしまっていたので、今回もちょっと楽しみでした。

今作は、球を獲得するためにタイマンバトルもあり、当たらないなり打ち込んでいました。

しかし、クルーンに入れど、入れど、2段目にすら行かない!

「これは本当に穴の数のように1/3なのだろうか?」

そんな疑問を持っていると・・・

遂に2段目に!

 

そして、そのままVぃぃぃぃーーーーーーー!
キタ──m9(^Д^)──!!

ドリームクルーン2-5
500枚出したのですが、引き戻しは出来ず。

結局、もう1回当てたいという欲がでた結果、全部飲まれて終了。
参考までに、10回クルーンに入って、2段目に行ったのは当たった1回だけでした。
(๑º△º๑)

筐体関連

特に打ちにくいということはありませんでした。

演出関連

前作に引き続き、実際のクルーンの映像を見るアイデアはとても良いと思います。

ただ、金の玉を獲得したにも関わらず、下段にすらいかないのは、流石にないと思いました。もう少し打ち手の感情も考えて欲しいところです。
ドリームクルーン2-1

次に、「設定確定パターン」がひどすぎます。

これは、打ち手側としてというよりも、ホール側が使いにくいと思うのです。

1回ATを当て、96Gまで回すことで、高設定か低設定かが丸わかりになってしまいます。95Gで赤フラッシュせずで、設定5を否定。96Gで虹フラッシュが発生しない時点で設定56否定となるわけです。

これでは、ホール側としては低設定をおきにくいですし、低設定をおいたとしたら1回でばれてしまいます。

設定確定パターンの出し方をもう少し考えるべきだと思います。

出玉関連

1回当たれば最低でも500枚獲得できるというのは、非常に良いと思います。

しかし、非常に当たりが重すぎる気がします。

通常時を退屈させにくい工夫は見られるものの、やはり初当たりが重いのです。

個人的総評

個人的には、嫌いではないゲーム性なのですが、以下の2点が問題だと思います。

  1. 初当たりが重い
  2. 設定確定演出が酷い

1は打ち手のこと、2はホール側のことを、ちゃんと理解できていないことが原因であると思います。1はまだ良いとしても、2は流石にないと思います。

動画バナー

稼働継続予測と適正台数予測

  • 稼働継続:0~1か月
  • 適正台数予測:0~1台
    ※150台規模のホールとして予想

次回作改善要望

打ち手としては、初当たりをもう少し軽くして欲しいところです。

あとは、確定系演出。高設定で100%出る演出を作ってしまったら、出なかった途端に低設定が確定することは、誰でも分かることだと思います。

ドリームクルーン自体は、嫌いではない台ですが、流石にこれはないと思います。

メーカーさん、よろしくお願いします。
m(_ _)m

記事下部にある「TAGS」も活用して見て下さい。
#の付いている各タグをクリックすると、そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧