実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【パチスロ対魔導学園35試験小隊】スロット新台評価、感想、打ち方、設定差、設定判別、立ち回り、改善点

対魔導学園35試験小隊10

「パチスロ対魔導学園35試験小隊」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。
※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

※おそらく低設定と思われる台を打っての評価となります。今後打つ機会があれば評価が変わる可能性があります。

《勝手に評価!この台の評価は?》 ※10点満点

  • 総合評価・オススメ度:★★★★(4点)
  • 演出面:★★★★★★★(7点)
  • 出玉面・スペック:★★★★(4点)

《ひとこと》
チャンスゾーン無理過ぎない?しかも上乗せも同じ仕組みでは、乗る気がしません。

《初打ち・初心者向け!最低限抑えておくべきポイント》

  • テンションカウンター点灯時はやめない方がよい。
    ※ラスト1Gであってもレア役を引くことで、カウンターが32Gに戻るため。
  • 222G、444Gで「いつどこゾーン」に当選する可能性があるので直前でやめない方が良いかも。
    ※自身の稼働中は1度も確認できていないので、無視して良いレベルかも。

動画で評価・感想をチェックしたい方はこちらをどうぞ!

動画では、以下を映像として確認することができます。

  • 小隊夢の演出
  • エンブレイスラッシュの上乗せの仕方
  • ハッピーカウントダウンの演出

にくじるツイッターバナー2

台の基本情報

対魔導学園35試験小隊8

  • 機種名:パチスロ対魔導学園35試験小隊
  • メーカー:平和
  • 導入時期:2020年9月
  • タイプ:AT(純増約2.2枚)

ゲーム性について

  1. 通常時は、レア役を重ねてCZ「小隊夢(ショータイム)」を目指す。
    対魔導学園35試験小隊1
  2. CZをクリアするとAT「魔女狩り戦争」へ。
    ※AT開始時には上乗せ特化ゾーン「エンブレイスラッシュ」からスタート。
    対魔導学園35試験小隊11
    対魔導学園35試験小隊4
  3. AT中はレア役でCZを目指し、CZクリアで「エンブレイスラッシュ」へ。
    対魔導学園35試験小隊2
  4. AT中のCZをクリアすることでヒロインを獲得。4人獲得後のCZは上乗せ特化ゾーンとなる。

《参考:通常時のレア役の複合テンションカウンターについて》

レア役は画面下のテンションカウンターで確認ができます。
対魔導学園35試験小隊5
※1枚役でテンションカウンターが点灯する場合もあり。
※左から「チェリー・チャンス目・強ベル・スイカ」

4種類のレア役が複合すると「ハッピーカウントダウン」へ
※CZ以上の当選が確定。詳細は「出玉関連」で補足します。
対魔導学園35試験小隊7

基本的な打ち方

目押しレベル

色目押しが出来れば問題ない

通常時の打ち方・リール配列

対魔導学園35試験小隊13

  1. 左リール青7を上中段付近に目押し
  2. 中右リールは適当押しで問題ない
    ※ナビ発生時は、ナビ通りに消化

立ち回りのポイント

情報は正確であるよう配慮していますが、間違っている可能性もありますので、最終的な判断は、ご自身でご判断ください。

天井&恩恵

  • 天井:555G(523G+32G前兆)
  • 恩恵:CZまたはAT

やめ時

CZまたはAT終了後。
内部モードで128G以内にフリーズが発生するモードが存在するので、そこまで回すのもあり。

参考:「〇〇」で勝つためのポイント

あくまでも個人的に感じた「勝つためのポイント」をまとめておきます。
新台の段階で判断しているため、必ずしも正しいとは限りませんのでご了承ください。

勝つためのポイントは正直なところ分かりません。
ただ、右下がりが続いているグラフは打たない方が良いでしょう。

低設定の場合、以下の2パターンでATに入れるしかないと思われるからです。

  • CZ中にレア役や「狙え」を引きまくる
  • 4種のレア役を重ね「ハッピーカウントダウン」に突入させ、2ゲーム目にリプレイ以上の役を引く。
    ※1G目はほぼクリア。2G目をクリアできないとCZに行ってしまうので絶望的。3G以降はAT以上になる

設定差・設定推測

設定差に関しては、個人的に注目したいポイントのみ記載しています。細かい部分まで知りたい方は、解析サイトなどをご覧ください。

設定確定パターン

AT終了画面

  • キセキ:設定2以上
  • 水着(良ハンコ):設定4以上
  • おめでとうございます(優ハンコ):設定5以上
  • ウェディング(極ハンコ):設定6

通常時のセリフでの設定示唆

  • 今日は一日、まずまずの調子だった:設定2以上
  • 今日は一日なんだかいけそうな気が:設定4以上
  • 今日は一日、好調だった:設定4以上
  • 今日はもう一日ぶん回すしかない:設定6
  • 今日は一日、彩桜だった:設定6

 

注目すべき設定差

CZ・AT突入率が高設定ほど優遇されています。

  • CZ:設定1(1/263.3)~設定6(1/112.5)
  • AT:設定1(1/588.2)~設定6(1/292.7)

初稼働の状況

ほとんどが通常時であったので、あまり書くことがありません。
(;´▽`A“

全体のデータとしては、

  • CZ突入契機
    ハート揃い:1回
    レア役2個複合:1回
    レア役3個複合:4回
    レア役4個複合(ハッピーカウントダウン):3回
  • CZ突入回数8回
  • CZ突破回数1回
  • ハッピーカウントダウンからのエピソードボーナス:1回
  • AT中上乗せなし。

結果、4万負け!

にくじるくんエーンSD

筐体関連

アタックビジョン筐体で、特に打ちにくいということはありませんでした。

演出関連

対魔導学園35試験小隊3

キャラクターはとても可愛いので、ファンの方にはたまらないのではないでしょうか。

ただ、ラブ嬢や黄門ちゃま喝などでも採用されている「デートからの告白演出」は、いろんな機種で見られるので、別のアプローチがあっても良かったような気がします。

出玉関連

対魔導学園35試験小隊12

「パチスロ対魔導学園35試験小隊」の問題点は、出玉関連が全てと言ってもよいかもしれません。

いくつかあるので、それぞれ書いていきたいと思います。

レア役を重ねるシステム

今作でCZを獲得する方法は、複数種類のレア役を重ねる方式を取っています。
黒神やルパンイタリアの方式です。

ルパンイタリアが即稼働が飛んでしまったのに、この方式を採用しているのは少し疑問が残るところです。

とは言え、今作に関してはレア役の確率を上げ、さらに1枚役でカウンターが点灯するように改良したのは良かったと思います。

初稼働の内容を見ても、4種類のレア役を複合させることが出来ているので、複合させることへのストレスは、かなり軽減できていると思いました。

CZ「小隊夢」の難易度

今作の大きな問題点は、CZの難易度の高さです。

高設定だと簡単にクリアできるのかは分かりませんが、異常なまでに難易度が高く、レア役を引かなければどうにもならないレベルでした。

AT中の上乗せがCZ経由

AT中の上乗せはレア役を引いてCZに突入させる流れになっています。

CZは先ほど記載したように激ムズなわけですから、ほとんど上乗せすることができないのです。

レア役を引いて、やっとCZに入ったと思ったら、結局上乗せしないまま終わる。

これでは打っていられません。

ハッピーカウントダウンが結局CZへ

対魔導学園35試験小隊9
通常時に4種類のレア役を複合することで突入する「ハッピーカウントダウン」

4種類複合させるわけですから、なかなか大変なハードルなわけです。

にも拘わらず、大半はCZに行きます。CZなので当然のごとくクリアできないのです。

ハッピーカウントダウンは、以下のようなシステムになっています。

  1. 1回目で失敗:フリーズ
  2. 2回目で失敗:CZ
  3. 3回目で失敗:エンブレイスラッシュ(AT突入)
  4. 4回目で失敗:エピソードボーナス(ボーナス+AT)
  5. 4回目で突破:フリーズ

上記のような恩恵を受けることができるのですが、その突破率が問題です。

  • 1回目は99%以上突破。
  • 2回目以降は小役により変化します。
    押し順ベル:13.3%
    1枚役:22.7%
    リプレイ・レア役:100%

よって、2G目にリプレイ以上を引けるか引けないかが重要となるわけです。

4種類複合させているのだから、ここはAT突入でも良かったのではないでしょうか。

個人的総評

対魔導学園35試験小隊6

CZがもう少しなんとかなるレベルであれば、まだ許されるところですが、この突破率では打っていられません。

CZの突破率がこのままであるならば、AT中のレア役は直乗せにし、ハッピーカウントダウンに関しては、AT以上確定すべきだったと思います。

低設定を打っている可能性が高いですが、ホール側も儲けが必要なので、低設定にすることが多いのが現実です。

低設定であっても打っていられるようなゲーム性にしなければ、長期稼働はしなくなり、結果としてホール側が苦しくなります。

もう少し設計段階で、低設定を打つ側のことを考えて作って欲しいと思います。

稼働継続予測と適正台数予測

  • 稼働継続:0~1か月
  • 適正台数予測:0~1台

※250台規模のホールとして予想

次回作改善要望

やっと当選してもCZで、しかもそのCZが突破できないレベルのものでは、打ち手は打っていられません。

検定突破のためにCZ経由にしているのかもしれませんが、当選=ATという台を作ることは出来ないでしょうか?

少なくとも打ち手はそっちを望んでいます。

メーカーさん、よろしくお願いいたします。
m(_ _)m

記事下部にある「TAGS」も活用してみて下さい。
#の付いている各タグをクリックすると
そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧