実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【パチスロ〈物語〉シリーズ セカンドシーズン】スロット新台評価、感想、打ち方、設定差、設定判別、立ち回り、改善点

物語シリーズセカンドシーズン7

「パチスロ〈物語〉シリーズ セカンドシーズン」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。

※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

《勝手に評価!この台の評価は?》 ※10点満点

  • 総合評価・オススメ度:★★★★★★★(7点)
  • 演出面:★★★★★★(6点)
  • 出玉面・スペック:★★★★★★★(7点)

《ひとこと》

 

化物語に白鯨戦が付いちゃった感じよね。(;´▽`A“
あと、上の評価はホール側が低設定をバンバン置くようであれば、評価が激変します。低設定は死にます。(゜ーÅ)

《初打ち・初心者向け!最低限抑えておくべきポイント》

 

  • おそらく高設定は、傾物語(カウンター上REG)が何回も連続でスルーしにくい(推測)
  • おそらく低設定は「キスショットバトル」で最初に出てくる数値がめちゃくちゃ低い(20~30%台)

にくじるchバナー2

台の基本情報

物語シリーズセカンドシーズン13

  • 機種名:パチスロ〈物語〉シリーズ セカンドシーズン
  • メーカー:サミー
  • 導入時期:2020年3月
  • タイプ:差枚数管理型AT

ゲーム性について

  • 一言で言ってしまえば、化物語の「解呪の儀→倖時間」の間に、リゼロの白鯨攻略戦が入った感じ。「結末の儀→傾物語(AT)→倖時間SS(メインAT)」という流れで、出玉を獲得する。
  • 傾物語もATだが、出玉を増やすためのものと言うよりは、倖時間SSの突入のためのチャンスゾーン的な位置付け。
    ※ゲーム性詳細については、記事後半で。
  • 突入へのハードルが高くなった分、周期抽選(平均45G)で結末の儀や傾物語を抽選しています。

基本的な打ち方

目押しレベル

色目押しができれば問題ない。

通常時の打ち方・リール配列

物語シリーズセカンドシーズン21

  1. 左リールバーを上段付近に目押し
  2. 右リール適当
  3. スイカテンパイ時には、怪異図柄か赤7を目安にスイカをフォロー
    ※左チェリー停止時に中右に怪異を狙うと「弱、強、超強チェリー」が判別できる

立ち回りのポイント

情報は正確であるよう配慮していますが、間違っている可能性もありますので、最終的な判断は、ご自身でご判断ください。

天井&恩恵

  • 天井:200or500G
  • 恩恵:傾物語当選
    但し、ゲーム数到達で発動するわけではなく、周期が絡むため発動は遅くなる。
    ※目撃では570G過ぎで当選しているものを確認しています。

やめ時

  • AT(傾物語や倖時間SS)終了後
    ※現時点では何とも言えませんが、1、2周期は当選確率が上がっている可能性も否定はできない状況です。

設定差・設定推測

設定差に関しては、個人的に注目したいポイントのみ記載しています。細かい部分まで知りたい方は、解析サイトなどをご覧ください。

設定確定パターン

現状確定パターンは不明です。

しかし、過去の状況を踏まえると、サミー(エイリやん)トロフィーで以下の設定を示しているはずです。

  • 銅:設定2以上
    物語シリーズセカンドシーズン18
  • 銀:設定3以上
  • 金:設定4以上
  • キリン:設定5以上
  • レインボー:設定6
    物語シリーズセカンドシーズン15

今作から追加で「黒(ブラックトロフィー)」があります。これは、次回のトロフィーが出るという示唆です。
物語シリーズセカンドシーズン11

注目すべき設定差

スイカ確率

  • 設定1:1/90.0
  • 設定2:1/88.8
  • 設定3:1/87.6
  • 設定4:1/86.5
  • 設定5:1/85.3
  • 設定6:1/84.2

初稼働の状況

初稼働で設定6(レインボートロフィーで確認)を打ちました。

以下の記事が初打ちの詳細です。

【パチスロ〈物語〉シリーズ セカンドシーズン】設定6確定台の挙動、スランプグラフ公開!設定判別、設定推測は傾物語直撃と突破率にあるのか!?

筐体関連

液晶上に信号機がついています。

得意打ちにくいということはありませんでした。

演出関連

いくつか気になる点がありましたので、書き出しておきます。

  • 傾物語でのハズレ→復活パターンが多すぎる。高い%で外れたと思うのでイラつきます。
  • AT中に当たらない演出にばかり行く。ただ、これは設定6だったからである可能性も。
  • 1500枚越えると「あとがたり」に行くと消化ゲームになりしんどい。
    ※突入の倍倍からいきなり「あとがたり」に行っている人もいた
  • 蕩ステージに行かな過ぎ。

出玉関連

化物語と異なり「結末の儀→傾物語(AT)→倖時間SS(メインAT)」という流れにしたのは、やはりいただけなかったかなあと思います。

その分、周期抽選(平均45G)にしてチャンスの回数を増やしたのは良かったのですが、「結末の儀」で頑張って怪異を揃えまくっても、「傾物語」でやれなければ、「倖時間SS」に行けません。

「2回連続で突破する」という感覚になるので、ちょっとしんどいと感じてしまうのです。

ただ、突入時に倍倍チャンスを付けてくれた点は、非常に良かったと思います。

化物語のように、150枚駆け抜けということがなく、とりあえず最初に倍倍ができるのは、とても良いと思いました。

個人的総評

思ったよりはやれそうな台であるように感じました。

突入時の倍倍チャンスでうまくやれれば、なんとかなる感じが見えたからです。

詳しくは分かりませんが、「倖時間SS」に突入さえすれば、低設定でもチャンスはあるのではないかと思いました。

扱うホール側に関しては、設定6を入れてもそこまで怖くないような印象を受けたので、入れて集客に活かすという戦略はありではないかと思いました。

稼働継続予測と適正台数予測

  • 稼働継続:1~6か月
  • 適正台数予測:4~8台
    ※250台規模のホールとして予想
    ※低設定をメインにするホールでは、一気に稼働が飛ぶ可能性があります。扱い次第で稼働貢献度は、かなり変わると言えるでしょう。

次回作改善要望

退屈な時間を減らすためと、出玉の関係で、今回のような流れにしたのだとは思いますが、直接「倖時間」に入るようにしてください。

メーカーさん、よろしくお願いします。
m(_ _)m

〈物語〉シリーズ セカンドシーズン ゲームの流れ

初めて打つ方にも分かりやすいように、ゲーム性について解説します。

本機の流れは、以下のような流れになっています。

1:通常時・・・周期抽選(平均約45Gで1周期)

レア役で周期の短縮もある模様。

毎回ではないが、周期によっては画面左上で状況を把握することができる。
物語シリーズセカンドシーズン1
一番下からスタートし、上に行くほど周期の終わりが近くなり、右に行くほど「結末の儀」当選の期待度が上がる。

2:結末の儀(15 or 30G or 無限)

物語シリーズセカンドシーズン4
前作化物語で言うところの「解呪の儀」にあたる。
オーラを昇格させ、「傾物語」当選を目指す。

3:傾物語(15G)

物語シリーズセカンドシーズン8
「キスショットバトル」に向けての勝率アップストック区間。
プッシュボタンの色で、獲得勝率を示唆している模様。

一応ATとなっているが、固定のG数であり、出玉増加というよりは、チャンスゾーン的位置づけ。
データカウンター上は、REGとして表示されるはず。

4:傾チャレンジ

怪異図柄成立までは「傾物語」同様、勝率アップストック区間となる。
怪異図柄成立時は、狙え演出が発生。

物語シリーズセカンドシーズン16
怪異図柄がリール上にいくつ出るかで、「キスショットバトル」の勝率が変わる。

5:キスショットバトル

物語シリーズセカンドシーズン12

バトル勝利で「倖時間SS」へ突入する。
「内部的に決められた勝率」+「傾物語で獲得した勝率&傾チャレンジ待機中に獲得した勝率」が、バトル勝利確率になる模様。100%になることもある。

低設定では1回目のPUSHで表示される「内部的に決められた勝率」が毎度低く、突破が困難になる気がします。

物語シリーズセカンドシーズン2

6:倖時間SS

物語シリーズセカンドシーズン5

メインAT。突入時に「(超)倍倍チャンス」で差枚を上乗せできる。

物語シリーズセカンドシーズン9
スタートから150枚持っている状態なので、駆け抜けたとしても、トータルとしては250枚くらいは獲得できることがほとんど。

AT中は、主に倍倍チャンスを目指し、差枚の上乗せを狙う!

また画面右下の風船を増やし、ステージアップ抽選も行われる。

物語シリーズセカンドシーズン6

ちなみに化物語同様、ボーナスが搭載されていますが、設定6で1回も出ませんでした。また見える範囲5台の中で、ボーナスはフリーズを除いては1回しか目撃できていません。

7:あとがたり

物語シリーズセカンドシーズン10

予定獲得枚数が1500枚を超えると、「あとがたり」に突入。
倍倍チャンスの途中であろうが、容赦なく行きます。

2400枚獲得が確定するのではなく、上乗せで2400枚を超えてがっかりさせないために、この手法をとったものと思われる。

100枚1セットとして、継続するような見せ方に変わる。

おそらく内部的には、そのままであると思われます。
そのため、継続率があるというよりは、「1800枚獲得が確定したから、そこまでは連チャンさせよう」というような仕組みであると思われます。

途中で内部的に上乗せした分も含めて、100枚1セットごとに出すように見せているということです。

ループという表記をしているところもあるので、ひょっとすると本当にループの可能性もあります。この辺りは不明です。
m(_ _)m

物語シリーズセカンドシーズン14

このような流れで、出玉を獲得していきます。

初打ちの際の参考にしてみてください。
m(_ _)m

記事下部にある「TAGS」も活用してみて下さい。
#の付いている各タグをクリックすると
そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧