実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【新世紀エヴァンゲリオン シト、新生】パチンコ新台評価、感想、スペック、当選時の内訳、改善点 ※新生モードの仕組み考察、実質突入率。動画解説あり。

エヴァシト3

「新世紀エヴァンゲリオン シト、新生」を個人的に勝手に評価いたします。

また今作で搭載された「新生モード」に関する仕組みと、実質突入確率も計算しました。推測の部分もありますので、間違っている可能性もありますが、記事終盤にまとめておきましたので、気になる方は確認してみてください。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。

※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

《初打ち・初心者向け!無駄玉防止のために抑えておくべきポイント》

  • 大当たりラウンド間の止め打ち
  • おそらく新生モード中の離席はNG。大幅に損をするはずです。
    ※気になる方は、記事終盤の「新生モードの仕組み考察」参照
  • 通常時、確変中に小当たりRUSHが当たりそうな場合には、保留を4つ貯めた方が良い

ツイッターバナー

台の基本情報

エヴァシト1

  • 機種名:新世紀エヴァンゲリオン シト、新生
  • メーカー:ビスティ
  • 導入時期:2019年12月
  • タイプ:65%確変機(小当たりRUSH、新生モード搭載)

過去作品「使徒、再び」を再現。
今作は、小当たりRUSHだけでなく、「新生モード」と呼ばれる超プレミアム当たりを搭載しているとのこと。
※新生モード:小当たりRUSH+次回確変大当たりが確定。

出玉獲得までの流れ

  1. 1/319で65%の確変を引き、65%確変を引き続けることで出玉を獲得する。
  2. 65%の内15%は2R確変であるが、2R確変には「小当たりRUSH」が付いてくるので、小当たりRUSH中にハマれば、出玉を増やすことができる。

当選確率

  • 通常時の当選確率:1/319.7
  • 高確率時の当選確率:1/45.7
  • 賞球数:3&1&5&10&12 10C
  • ラウンド別出玉数
    10R:約1100個
    2R:約70個

当選時の内訳

  • 通常時、右打ち共通
    10R確変:50%
    2R確変(小当たりRUSH):15%
    10R通常(時短100回):35%

初稼働の状況

初当たりはなんと!たったの18回転!
しかも、確変!

エヴァシト4

3連チャンで3000発を獲得!

幸先の良いスタートであったのですが、その後は当たることはなく、追加投資に追加投資を重ねて、当たらずやめ。

にくじるくんガクッSD
ちなみに、後で確認したら1300回転を超えていましたね。
(;´▽`A“

初日は「小当たりRUSH」を堪能することは出来ませんでしたが、後日、かなり苦労しましたがRUSH入れてきました。
(*^^)v

筐体関連

筐体に関しては、特に気になるところはありませんでした。

以前からあるデカい玉(ボタン)も健在です。

演出関連

演出に関しては、「補完計画モード」「新世紀モード」が選べるのは良かったとは思います。

「新世紀モード」は、あまり魅力を感じませんでした。というのも、演出が単調であったり、ほぼ同じような演出を繰り返されるので、楽しさを感じることが出来なかったのです。

もう少し発展のバリエーションを増やして欲しかったところです。

もう1つの「補完計画モード」は昔のエヴァを思い起こさせるので良かったのです。

演出バランスなども昔のエヴァに近く、演出に関して言えば、個人的には最高レベルであると感じています。
※以前より、何年もエヴァの演出バランスを参考にすべきと言い続けています。

昔のエヴァを打ち込んだ方は、以下の設定でプレイすると、昔の感覚で打つことが出来ると思います。

《オススメ設定》

  • 補完計画モード
  • 演出カスタム:チャンス目なし

エヴァシト11

通常大当たり時のバトルでの昇格もそのまま再現されており、「予告」が入る瞬間は、たまりません。

追加された小当たりRUSHの演出も2種類から選べ、どちらも良い感じでした。

《小当たりRUSHの演出》

  • 暴走モード
    エヴァシト6
    エヴァシト13
  • 殲滅!スマッシュファイターズ
    エヴァシト7
    エヴァシト12

 

出玉関連

新生モードは体験していませんが、小当たりRUSHは後日体験してきました。

RUSH中の演出を選べるのも良いですし、比較的サクサク出玉を獲得している感覚を体感できました。65%確変機であるため、他の機種に比べると、少し出玉感が弱い気がするのは残念ではあります。

ただ未体験の新生モードでの出玉感は、おそらくかなりのものであると推測できます。一度は新生モードに入れてみたいですね。

個人的総評

エヴァシト9

人気を誇っていたエヴァが復活したことは、非常に良かったです。

「新世紀モードの演出の単調さ」は、個人的には良いとは思えませんでした。

しかし、「補完計画モード」に関しては、10年以上前の「使徒、再び」を思い出させるだけでなく、最高レベルの演出バランスを、その時点で作り上げていたことを、再認識することとなりました。

最近の台は、激熱演出を重ねまくってやっと当たる感じですが、エヴァに関しては、「ここは弱いけど、こっちは強いから、当たるかも」という期待感を、多くのリーチで感じることが出来るのです。

この演出バランスのおかげで、通常時の退屈感を、かなり軽減できています。やはり、いつでも当たる可能性を感じられるとことは、非常に重要な部分だと思います。各メーカーは参考にして欲しいバランスです。

また、出玉的な起爆剤としての「小当たりRUSH」「新生モード」が搭載されているのも良いかと思います。新生モードは未体験ですが、小当たりRUSHは演出、出玉ともに好印象です。

問題点として挙げるとすれば「新世紀モードの演出の単調さ」と、「スペック面」です。

新世紀モードは、好みで選べるので問題ないとして、一番の問題は「スペック面」です。

この台を単体として見れば、魅力的な台であると思うのですが、初当たり319の台の場合、比較対象が「北斗無双」「必殺仕置人」「黒慶次」などになってしまうため、稼働にどれくらい貢献するかが未知数となってしまうのです。

個人的には、演出バランスがとても好みのバランスであるので、長く打ちたい台です。

稼働継続予測と適正台数予測

 

エヴァシト10

  • 稼働継続:3~6か月
  • 適正台数予測:3~5台
    ※250台規模のホールとして予想

ほとんど入らないであろう「新生モード」に魅力を感じる人が、どれくらいいるかということと、昔のエヴァを打ち込んだ人が、どれくらい打ちたいと思えるかで、稼働期間は変わってくると思います。

個人的総評でも書いたように、他の319機種の間に、割って入ることが出来るかによって、稼働貢献期間は変わってくるでしょう。

ずっと言い続けているのですが、個人的には「使徒、再び」前後のエヴァの演出バランスが最高レベルであると思っています。

「補完計画モード」「演出カスタム:チャンス目なし」でプレイしたところ、まさにその頃の状態でした。個人的に久しぶりに負けても打ってしまう台となったので、スペック的には少し弱い部分はありますが、稼働継続予測以上に長く設置しておいて欲しい台です。

次回作改善要望

個人的には、319ではなく、ライトミドルでやって欲しかったところです。

昔のエヴァの演出バランスは、パチンコの理想の演出バランスだと思っているので、そのあたりを崩さず、今後の台も作っていっていただけたら、打ち手としては嬉しい限りです。

メーカーさん、よろしくお願いします。
m(_ _)m

おまけ:新生モードの仕組み考察

エヴァシト5

 

新生モードを引き当てていないので、なんとも言えない部分ありますが、現時点で出回っている情報を元に、推測を含めてまとめておきます。

動画で確認したい方はこちら

新生モードの性能

  • 約7分間の小当たりRUSH+次回10R確変確定

新生モード突入条件

  1. 2R確変により小当たりRUSHを引く
  2. 1の時の保留内に確変当たりが存在している場合に「新生モード」に突入する模様

新生モード実質突入確率

以下は、上記のことが合っていると仮定した場合の突入率の計算になります。不明点が多いため、間違っている可能性もあるので、ご了承ください。

小冊子を確認する限り「小当たりRUSH+次回確変大当たり」とあるので、おそらく「10R確変」だと考えられます。「2Rでの小当たりRUSH」ならば、この表記にしないと推測し、10Rで計算してみます。

小当たりRUSHを引いたあと、4つの保留内で1/45.7を引く必要があります。しかし、新生モードには10R確変が必須となるので、10R確変割合の50%を考慮しないといけません。

そのため、1/91.4を4保留で当てる必要があります。

結果、4/91.4⇒1/22.85となり、小当たりRUSH突入時の約23回に1回の確率となると予想されます。

仮に、保留を消化した瞬間で判定されてしまうとした場合、最大有効保留が3個となってしまうので、その場合には約30回に1回となってしまいます。

また、上記を考慮すると、小当たりRUSH中ではない時(通常時や確変、時短中)に「2R確変・小当たりRUSH」を引き当てそうな状況になった時に、保留が貯まっていないならば、急いで保留を貯めるようにした方が良いだろうと予測できます。

《結論(推測):新生モード実質突入確率》

小当たりRUSH当選時の約23回に1回ではないかと思われます。

新生モードの仕組み

出回っている情報を総合すると、以下のような仕組みであると想定されます。

特図1と特図2の変動を利用しており、特図1の変動をロング変動(約7分)させている間に、特図2で小当たりの抽選をしている

つまり、内部的には7分間のスーパーリーチを見せられている間に、小当たりしまくっているということです。

保留の消化時間に依存しているから、約7分と言いきれているわけです。
※パチンコは、当たりまでの時間を先に決めるため

そのため、新生モード中の離席は、出玉を大きく損する可能性が高いのでNGだと思われます。

なぜなら、回転数ではなく、内部的にはリーチが進行しているため、時間が経てば当たってしまうはずなのです。
※突入していないので分かりませんが、たぶん合っているはずです。

追記

小当たりRUSHに突入したことで、上記推測が正しい可能性が高まりました。

エヴァシト8上の写真は、右のスタートチャッカー周りの写真なのですが、緑の板の下(緑の蓋が開いた時に入る穴)が通常のスタートチャッカーとなっているようです。つまり、通常時のヘソと同じ扱いのスタートチャッカーです。
※右打ち時の抽選を通常時と共通にしていることは、新生モード実現のために重要なポイントと言える

対して、その左の穴(緑の板が締まっている時に流れ着く先)は、小当たり+当たりを抽選するためのチャッカーのようです。

エヴァシト2続いて、見えにくいかと思いますが、液晶の左右にもデジタルが存在していることが確認できます。

  • 画面左:通常時、確変中のメイン図柄に対応
  • 画面右:常に「EEE」と表示されている。小当たり+当たりに対応
    ※Eは図柄が変化するのではなく、色が変動している
    ※小当たりRUSHではない確変中、時短中は、変動時間が異常に長くなるように設計されている

 

これにより、以下のようになります。

  • 通常時、確変中:ヘソや緑の下でメインデジタルが周り、液晶画面左のデジタルが回る
  • 小当たりRUSH時:緑の板が閉じ、左側の穴で小当たりや当たりを抽選し、液晶画面右のデジタルが回る

このため、小当たりRUSHに入るタイミングで、通常時、確変中に貯めた液晶左の保留が残っていれば、高速で消化する仕様になっています。

 

結果、どういうことが起こるかと言えば、

  1. 保留内に当たりなし⇒高速消化に問題がないため消化して、小当たりRUSHへ
  2. 保留内に通常当たり⇒不明。小当たりRUSHの恩恵を受けることなく通常当たりになるか、新生モード状態(ロング小当たりRUSH)を経由して通常当たりになる可能性もあり。
  3. 保留内に2R確変⇒小当たりRUSH継続の演出が入るかどうかは分からないが、状況としては影響なし。新生モード状態(ロング小当たりRUSH)を経由して、再度2R確変になる可能性もあり。
  4. 保留内に10R確変⇒新生モードに突入。

上記のようにパターンわけができるわけです。

「4のパターンの時には、液晶左のデジタルでリーチを7分間かけてあげるから、その間に、液晶右デジタルで小当たりで稼いで良いですよ」というのが新生モードの仕組であると言えるでしょう。

つまり、小当たりRUSH中(右デジタルで小当たり+当たりを抽選しているような状況)は、当たりが当選する状態(当たるリーチがかかっている状態)では、小当たりの抽選ができません。なぜなら、小当たりのデジタル自体が当たりを告知しようとしている状態だからです。

しかし、デジタルが別であれば、同時に処理が可能となります。

結果としては、「保留に10R確変があるから新生モードに入る」というよりは、「左に保留がないと新生モードに行かせること自体が仕組上不可能」と言った方が正しい解釈と言えるのではないかと思っています。

 

《もう1つの可能性》

上記4つのパターンの中でも少し触れているのですが、2と3のパターンの後半「新生モード状態」に関する部分です。言い換えれば「内部的に新生モードの状態」と言えるでしょう。

つまり、可能性として、「保留内に当たりがある=左ロング変動+右小当たりRUSHが確定する」というパターンも考えられるのです。

この場合、単純に販売戦略として、ウリを作るために、「新生モード」の定義を「小当たりRUSH+10R確変で大量獲得できる」としただけで、実際には「左保留に当たりがある時点で、どんなあたりであってもロング変動し、その間は、小当たりを獲得できる」という仕様です。

でも、よりインパクトを出すために、10R確変の部分だけ切り取って「新生モード」という名を付けたという可能性があります。

実際にその状態になってみないと分かりませんが、10R確変以外は、7分間もロング変動しない可能性だってあります。

全く恩恵を受けられず、あっという間に通常当たりが出てきてしまうのかもしれませんし、3分くらい小当たりRUSHになるとか、様々な可能性があるのです。

もし、一律で7分間もロング変動するのであれば、新生モードではないけど、ロング小当たりRUSHに突入する確率は、次のようになります。

4つの保留内で1/45.7を引く必要があるので、1/11.4となり、小当たりRUSH突入の約11回に1回は、ロング小当たりRUSHを受けられることになりそうです。
※この場合は、おそらく左デジタルを見れば分かるはずです。本来高速消化で、保留が「0」になるはずが、ならないはずなので。

 

上記のような仕組みであれば、これまで出てきている情報すべてに矛盾がないように思えるので、おそらくこの情報は正しいと思われます。

推測する部分もあるため、かなりのパターン分けが出来てしまい、かなりごちゃごちゃ書かせていただきましたが、いずれにしても、いつかは「新生モード」を体験してみたいですね。
(*^^)v

記事下部にある「TAGS」も活用して見て下さい。
#の付いている各タグをクリックすると、そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧