実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【パチスロ 聖闘士星矢 海皇覚醒Special】スロット台評価、感想、打ち方、設定差、立ち回り、改善点

「パチスロ 聖闘士星矢 海皇覚醒Special」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。
※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

ツイッターバナー

台の基本情報

聖闘士星矢覚醒SP2

  • 機種名:パチスロ 聖闘士星矢 海皇覚醒Special
  • メーカー:三洋
  • 導入時期:2019年1月
  • タイプ:AT機(純増2.8枚)

中古台価格が数百万円まで高騰したパチスロ聖闘士星矢の続編!

6号機となり仕様に制限がある中、どのような進化を遂げたのか!新旧の違いに触れながら評価いたします。

ゲーム性について

前作とは異なり、セット乗せで継続させる仕様に変更。

通常時は前作同様、ゲーム数解除やレア役、ポイント等で海将軍激闘(GB)を目指す。

GBも前作同様3連勝することで、出玉増加のメインとなるATに突入。

  • AT中はレア役によるストック
  • 黄金聖闘士によるセット継続
  • 海皇激闘によるセット継続(千日戦争)

これらでセットを継続させる。

 

黄金聖闘士、海皇激闘によるセット継続ではストックを消費しない模様。

今作の千日戦争は12セット継続することでも突入する仕様となっている。
6号機であるため2000枚を超えてある程度すると、エンディングが発生し、ストックがあろうが、継続していようが強制的に終了する。

聖闘士星矢覚醒SP5

追加要素要素として「不撓不屈ゾーン」が追加。

GB敗北時の一部で突入し、ゾーン中のレア役成立でAT突入。その際には女神覚醒でスタートする模様

基本的な打ち方

目押しレベル

色目押しが出来れば問題なく打てると思います。

通常時の打ち方

聖闘士星矢覚醒SP1

  • 左リール赤7or白バー狙い
  • 右リール適当押しで、スイカがテンパイ時は、中リール赤7目安にスイカをフォロー

立ち回りのポイント

情報は正確であるよう配慮していますが、間違っている可能性もありますので、最終的な判断は、ご自身でご判断ください。

天井

  • 最深天井736G
    ※ただし、モードによって異なる

 

《注意点》

  • スルー天井:前作とは異なり非搭載
  • GB継続率:前作とは異なり継続率は下がることもある。(引き継がない)
  • 不屈ポイント:GB後にリセット。
    ※GB当選時に不屈ポイントが多いほど不撓不屈ゾーンへの突入は優遇

やめ時

  • GB、AT後の高確や即前兆を確認してやめ

設定差・設定推測

設定差に関しては、個人的に注目したいポイントのみ記載しています。細かい部分まで知りたい方は、解析サイトなどをご覧ください。

設定確定パターン

  • 小宇宙ビジョン(画面左下)
    サメ座:設定4以上
    エビ座:設定5以上
    アンコウ座:設定6
  • 小宇宙チャージ中のポイント
    +456pt:設定4以上
    +666pt:設定6
  • GB、AT終了画面
    沙織+星矢:高設定の可能性UP
    ※確定系ではないが、前作では比較的信頼度が高かったため記載
    シャイナ・貴鬼・テティス:設定4以上
    沙織+ブロンズ聖闘士5人がゴールドクロスをまとっている:設定6
  • GBラウンド画面
    バイアン:設定2否定濃厚
    アイザック:設定3否定濃厚
    イオ:設定2以上濃厚
    カノン:設定5以上

注目すべき設定差

  • 弱チェリー
    設定1:1/65.5
    設定2:1/62.4
    設定3:1/59.6
    設定4:1/57.0
    設定5:1/54.6
    設定6:1/51.2

スイカにも設定差はあるものの微少。

稼働の状況

前作「聖闘士星矢 海皇覚醒」にかなりハマったため、続編にも期待して打ちました。

6号機の宿命である2400枚のリミッターがあり、聖闘士星矢の爆発力は削がれていると分かりつつ、何度か打っています。

2400枚完走も2回ほど経験しました。

にくじるくんわーいSD

筐体関連

前作と同様の筐体。

火時計ボタンのバイブは、やはりたまらないです。

演出関連

前作を踏襲しているため、目新しさはほとんどありません。

しかし、逆に言えば、前作のユーザーは違和感なく打てると思います。

熱そうな演出が素直に熱いのは、良いところと言えるでしょう。

出玉関連

比較対象が前作であったり、リミッターなしの頃に出た機種になるため、見劣りしてしまうかと思いますが、ラッシュに入りさえすれば、一撃の枚数は比較的出る台であると思います。

おそらく、完走率は高い台だと感じています。

ただ、前作がまだホールにある段階で、打たれるかと言えば、疑問ではあります。

個人的総評

出た時期が悪かったため、比較対象がリミッターのない5号機や前作であったのは、メーカーとしての販売戦略的に、良かったのかどうかは何とも言えないところです。

ただ、現時点(2019年11月)で見ても、6号機の中での出玉性能だけ見れば、高い方の部類だと思います。

多くのメーカーが6号機の出玉を見せることに苦戦する中、初期の段階でこの出玉性能であれば、悪くはないと思います。

 

残念なのは、不屈ポイントのリセットと、GBレベルリセットです。というか、これが致命的でした。

仕方がない部分であるかとは思いますが、追う理由がなくなってしまうため、打てない状況になってしまうのです。

「追っていればいつかは当たる前作」
「いつまでも当たらない可能性がある今作」

しかも、前作の方が出る!

両方設置できる現状では、前作を打つのは、当然と言えば当然の流れかと思います。

動画バナー

稼働継続予測と適正台数予測

  • 稼働継続:1~2か月
  • 適正台数予測:2~4台。以後バラエティーへ。
    ※150台規模のホールとして予想

前作が設置出来ない状況になったときには、あったら良い機種になりそうです。

しかし、おそらくその頃には、続編が出ているのでしょう。

次回作改善要望

前作では「打ち続ける理由」がありました。

この「打ち続ける理由」を持たせた方が、ホール側にとって良いと考えます。前作で言うところの「不屈ポイント」「GBレベル」です。

「聖闘士星矢は出る!」という印象を、前作で付けることに成功しているので、そのブランドを維持すべく、出玉設計の限界を狙って欲しいところです。

メーカーさん、よろしくお願いします。
m(_ _)m

記事下部にある「TAGS」も活用して見て下さい。
#の付いている各タグをクリックすると、そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧