実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【押忍!番長ZERO】設定56特徴を暴く!実戦データ履歴分析で高設定ハイエナを狙う!

押忍番長ZEROデータ分析

各ホールでもメイン機種となりつつあり、高設定も多数投入されている「押忍!番長ZERO」

今回は、ホールデータ履歴を分析して、高設定の特徴を暴いていきたいと思います。

公開されている設定差、設定示唆では分からない部分を暴いていきますので、「押忍!番長ZERO」を打つ機会がある方は押さえておくと良いかもしれません。

また本記事では、既に公開されている設定差については押さえているものとして話を進めます。
※必要に応じて参照することはあります

《押忍!番長ZEROデータ分析で分かること》

  • 高設定挙動、設定56挙動、勝ち台、負け台の特徴
  • 各種データ、数値などデータから判明したあらゆる数値
  • 勝つための台選びのポイント
にくじる
にくじる

予想よりも高設定を投入するホールが多いので、知らない人が損をする状況が出来上がりつつあるのかもしれません。

高設定だけでなく、低設定の挙動まで把握し、的確に打つべき台を取捨選択できるようにしておいた方が良いでしょう。

本記事の内容は、動画での解説の方が分かりやすいかと思います。

時間と環境が許す方は、動画での視聴をオススメいたします。

「押忍!番長ZERO」分析条件

押忍番長ZERO20

今回の分析では、いつものように無差別にデータを集めず、より勝てるデータを取るために、以下のように基準を設定してデータを収集しました。

  • 高設定確定データ:ほとんどが設定6データ。一部56確定、456確定台含む
  • 勝ちデータ:2000枚以上の勝ちを収めたデータ
  • 負けデータ:2000枚以上負けてしまったデータ

中間データを排除することで、何らかの傾向が見えるのではないかという予想の元に分析を行いました。

各データで母数が異なるので、今回は台数表記せず、全てパーセント表記でお伝えいたします。

次に周期についての注意点です。

ホールデータでは、何周期目に当選したかを判断することができません。

今回は、詳細な周期データを確認することが出来た「高設定確定データ」から、平均周期を算出したところ、以下のようになりました。

  • 高設定が確定している台での1周期サンプルからZEROモードでの平均到達G数を115Gと設定(詳細値;116.8G)
  • 高設定が確定している台での1周期サンプルからZEROモード以外での平均到達G数を105Gと設定(詳細値;同じ)

ZEROモードの方がゲーム数は少ないはずなのですが、設定6を中心としたデータでは状況が違ったので、今回は、以下のような基準で周期を判定することとしました。

  1. 0~150G:1周期
  2. 151~280G:2周期
  3. 281~410G:3周期
  4. 411~540G:4周期
  5. 541~600G:5周期
  6. 600以上 :6周期(天井)

実際には低設定だと状況が違う可能性もありますし、実際に打つと結構ズレる可能性もありますが、今回はデータからの判断となるので、上記基準で判定しているのでご了承ください。

また、他にも以下の条件を設定したので押さえておいてください。

データから赤青BIGの判断が出来ないので、今回はオール赤BIGとしAT突入率などを算出する
獲得枚数が少ないものをREGと判断。今回は50枚以下

そのため獲得枚数が分からないホールデータの場合、一部、高設定判断に活用できない部分が出てくるかと思いますがご了承ください。

「押忍!番長ZERO」実戦データから設定56を見つけ出す!

押忍番長ZERO16

様々な項目に分けて、各データを分析していきます。

高設定を掴むためだけでなく、負けやすい台を早い段階で判断して避けるためにも、各項目のデータをチェックしてみてください。

初当たり確率分析で高設定を掴む!

公開されている設定差の中に「初当たり合成確率」があり、以下のような数値になっています。

《初当たり合成確率》

  • 設定1:1/246.0
  • 設定2:1/239.4
  • 設定3:1/224.0
  • 設定4:1/207.8
  • 設定5:1/193.7
  • 設定6:1/179.5

では、実際のデータではどうなっているか確認してみましょう。

《初当たり確率》

  • 高設定確定データ:1/184.7
  • 勝ちデータ:1/192.5
  • 負けデータ:1/259.6

この数値から、今回集めた2000枚以上の勝ちデータは、設定5くらいの数値に近いため、データ上はかなり高設定のデータが多いことが予想されます。

反対に2000枚以上負けデータは、設定1以下の値になっているので、やはり負ける台の多くは低設定であることが予想できます。

このことから、初当たり確率だけを見た場合、1/200以上の数値を狙っていくと良いのかもしれません。
※もちろんこれからお伝えするデータと総合的に判断した方が、精度は上がるはずです。

BIG・REG確率分析で高設定を掴む!

初当たり確率については分かりましたが、BRを個別に確認して、さらにBR比なども確認してみましょう。

《BIG確率》

  • 高設定確定データ:1/276.1
  • 勝ちデータ:1/282.8
  • 負けデータ:1/343.5

《REG確率》

  • 高設定確定データ:1/877.7
  • 勝ちデータ:1/965.3
  • 負けデータ:1/1319.0

《BR比》

  • 高設定確定データBR比:76.1%:23.8%
  • 勝ちデータBR比:77.3%:22.7%
  • 負けデータBR比:79.7%:20.3%

自分の印象としては、高設定ほどBIGが出現するイメージがあったのですが、データで確認する限り、低設定ほど出現確率としては低いものの、比率で見てしまうと判別できるレベルではないような数値になりました。

設定6確定データであってもBIG出現割合が45%程度のデータもあったことから、BR比は判断材料として使うのは厳しいと感じました。

天井到達=低設定となってしまうのか?

低設定ほどボーナス確率が悪いのであれば、天井に到達してしまう台は、イコール低設定となってしまうのでしょうか。

初当たり回数に対する天井到達回数で割合を算出してみました。

《天井到達率》

  • 高設定確定データ:0.8%
  • 勝ちデータ:4.8%
  • 負けデータ:9.1%

データから見ると、設定6が多い高設定データでは、天井に到達する割合が極めて低く、1回でも到達してしまうと、設定6の可能性が低くなってしまうことが分かります。

ちなみに今回高設定データは8台あり、うち1台が自分の台で456確定している台なのですが、天井に到達しているのは自分の台なので、ヒキの弱さが出ている可能性があります。
※もちろん設定4の可能性もありますが、AT直撃は1/845と超優秀台でした。

総合的に見ると、天井到達(履歴としては607G前後のBIG当選)は、5%以下の台を狙っていくと良いかもしれません。

そのため、朝から打つ場合には、朝の早い段階で天井に到達してしまうと、かなり危険であると言えるでしょう。

REGからのAT分析で高設定を掴む!

REGからのATに関しては、設定差が公開されています。

ただ設定差が大きいのは「特訓~5t」での話なので、ホールデータから正確な情報を掴むことはできません。

ここでお伝えする数値は、REG中の状況を全く考慮しない数値を出すだけになりますので、参考程度のデータとしてチェックしてみてください。

《全REG回数に対するAT当選率》

  • 高設定確定データ:46.4%
  • 勝ちデータ:40%
  • 負けデータ:22%

REGの状況を不問にしても、やはり低設定と推定される負け台は、REGからのAT突入率が低くなっていることが分かるのではないかと思います。

勝つため、高設定を掴むためには、40%以上を狙っていくと良いのかもしれません。

BIGからのAT分析で高設定を掴む!

個人的には、初打ち時の印象で、低設定だとBIGからもAT当選が厳しいというイメージがあったのですが、実際のデータ上はどうなのでしょう?

データでチェックしてみます。

《BIGからのAT当選率》

  • 高設定確定データ:56.2%
  • 勝ちデータ:63.2%
  • 負けデータ:36.6%

2000枚以上の勝ちデータでは、やはりBIGからATにつながっている割合が高いことが分かります。

ただ、設定6が多い高設定確定データで56%程度の数値が出ているので、55%以上くらいのAT当選率を狙っていくと良いのかもしれません。

逆に40%を切ってしまうような台は、負ける割合が高くなることが予想されるので、避けるようにしていくと良いと思います。

履歴が多く、データ上である程度のAT当選状況が分かる場合は、ハイエナする際の参考にしてみてください。

AT直撃出現率分析で高設定を掴む!

高設定ほどAT直撃が多いというのは、過去の番長シリーズでも見られた傾向でした。

では、データ上はどのような数値になるのでしょうか。

ちなみにホールデータ上では、ある程度のゲーム数が進んだ状態で「REG」が付くデータになるでデータカウンターが多いのではないかと思われますので、通っているホールのデータがどうなっているのかは、早めにチェックしておくことをオススメします。

《AT直撃確率》

  • 高設定確定データ:1/1535.9
  • 勝ちデータ:1/1608.8
  • 負けデータ:1/5495.6

かなり大きな差が出ました。

しかし、負けデータである推定低設定であっても1日に1回は出てしまうような確率となっています。

そのため、1回の直撃は、追う理由にはなるものの、追い続ける理由にするには弱いと言えるでしょう。

但し、複数回直撃を確認できた場合には、高設定の期待度がアップするので、追っていってもよいかと思われます。

1周期目「ZEROモード」当選分析で高設定を掴む!

1周期目「ZEROモード」での当選率は50%以上と言われていますが、設定差はあるのでしょうか?

今回は条件のところでもお伝えした「0~150G:1周期」を1周期目として判断し、当選率を算出していきます。

但し、高設定確定データについては、周期も分かるデータのみを取得しているので、高設定確定データはゲーム数ではなく正確な1周期当選を分析しています。

《ZEROモード1周期抽選での当選率》

  • 高設定確定データ:58.6%
  • 勝ちデータ:52.7%
  • 負けデータ:40.6%

この数値を見る限り、50%以上と言われているものの、実際のデータとしては高設定ほど高く、低設定と推測される負けデータでは50%を遥かに下回ることが分かります。

正確なところは分かりませんが、データを見る限り、ZEROモードでの当選率には設定差があるように思え、少なくとも40%程度まで低い数値になる台は避けていった方が良いように思えます。

2周期以降の当選分析で高設定を掴む!

では、2周期以降での当選率は、どのようになっているでしょうか。

今回は、ゲーム数で周期を決めて分析していますので、実際の状況とは完全に一致するはずはないので、参考データとしてご覧ください。
※算出方法の違いにより概算値になります。

  • 151~280G:2周期
  • 281~410G:3周期
  • 411~540G:4周期
  • 541~600G:5周期
  • 600以上 :6周期(天井)

《2周期目以降のみの当選率》

  • 高設定確定データ:69.1%
  • 勝ちデータ:55.1%
  • 負けデータ:42.8%

《2周期目以降のみの当選までの平均周期回数》

  • 高設定確定データ:約1.5回
  • 勝ちデータ:約1.9回
  • 負けデータ:約2.4回

かなり明確な差になったのではないかと思います。

高設定であればあるほど2周期目以降の当選率が高くなり、最初の1周期目を併せれば2.5周期、約3周期、約3.5周期で当たる感じで、かなりの差が出てくるわけです。

今回のデータから見れば、2周期以降の当選率は50%は超えてくるような台で、出来るだけ7割近い数値を狙えるような台を狙っていくことで、設定6まで狙えるようになるのではないかと思います。

《参考データ1》高設定確定データのみの各種数値

高設定確定データに関しては、今回分析したデータ以外にも、いくつかの使えそうなデータがあります。

ただ、低設定確定台の詳細データは、流石にちゃんとデータ取りしたものがなく、比較対象となるデータが無いのが残念なところ。

一応、ここまでに公開できなかった使えそうなデータを抜粋して掲載しておきますので、参考にしてみてください。

《高設定確定データ》

  • 青7出現比率:38.2%
  • 青7からのAT当選率:73.5%
  • 赤7出現比率:61.8%
  • 赤7からのAT当選率:45.5%

《設定6確定データのみのオスオスガチャ&設定示唆要素》

  • 発見(5期待度UP):32.4%
  • 偶然(偶数):38.2%
  • 高値(高設定示唆):2.9%
  • ソックリ(246確定):1.5%
  • ゾウ(4以上確定):0%
  • マッスル(5以上確定):0%
  • パンダン(設定6確定):0%
  • RB5人(高設定示唆):2.9%
  • RB6人(設定5以上):0%
  • 放課後(高設定弱):10.3%
  • パンダ谷(高設定強):5.9%
  • 青山モータース(4以上):2.9%
  • ライバル(5以上確定):1.5%
  • 宇宙(設定6):1.5%

低設定でのデータサンプルがないので、何とも言えない部分はあるものの、青7比率は35~40%程度だと、高設定が期待できる可能性があるような気がします。

またオスオスガチャに関しては、「発見(5期待度UP)」や「偶然(偶数)」については、もはや設定示唆サンプルとはしない方が良いのではないかとすら思えました。

理由の1つとしてはそもそも「奇数示唆」が用意されていないからです。

奇数示唆が無い時点で、別の何かを出さなければいけないため、適当なものを出さざるを得ないように思えるのです。

よって、確定系演出以外は、あまり信用しなくて良いのではないかと感じています。
※高設定示唆は低設定っぽい台でも出たので、プラス要素としてとらえる程度で良いかと。

《参考データ2》設定456確定台データ

2つのデータを見てみてください。

特訓の隣の数値は何周期目に当選したかを表しています。

BIGの次の行の色は、前半で到達した色を表し、atの枚数記載があればATに当選していたことを示します。

「押忍」のところに書かれた数値は、2周期目以降のみ記載し、100単位で押忍ポイントを表していて、200なら200pt台で当選していることを示します。

《参考データ1》

  1. 特訓1
    150G青7
    赤まで行ってat336枚
  2. 83at直撃968枚
  3. 特訓1
    115G赤7
    青までで入らず
  4. 特訓1
    77G赤7
    赤で入らず
    高設定示唆強:パンダ
  5. 特訓1
    82G赤7
    青でat552枚
  6. 特訓2
    押忍300 ※チャンス目か?
    267G青7
    緑まで行って失敗
  7. 特訓1
    42G AT直撃202枚
  8. 特訓1
    114G赤7
    赤までAT621枚
  9. 特訓1
    174G赤7
    緑まで失敗
  10. 特訓2
    押忍100以内
    135G BAR 5t失敗
  11. 特訓2
    押忍100以内 ※チャンス目?
    115G BAR10t at224枚
  12. 特訓2
    押忍100 ※強チェリー?
    150G赤7
    黄色までAT227枚
    高設定示唆強:パンダ
  13. 特訓1
    156G青7
    赤までAT391枚
  14. 特訓1
    89G赤7
    青まで失敗
  15. 特訓1
    90G AT直撃164枚
  16. 特訓3
    押忍100、100以内
    280G AT直撃2400完走
    青山モータース設定4以上
  17. 特訓1 チャンス目かも?
    34G BAR 5t失敗

このデータを見て、どんな設定を予想するでしょうか?

次のデータも見てみてください。

《参考データ2》

  1. 特訓5
    押忍300、200、300、400、天井
    607G赤7
    青まで失敗
  2. 特訓1
    58G AT直撃509枚
  3. 特訓1
    168G赤7
    黄色まで失敗
  4. 特訓4
    押忍100、400、500
    577G AT直撃168枚
    高設定示唆弱
  5. 特訓2
    押忍300
    193G BAR 10t失敗
  6. 特訓5
    押忍500、100、500、300
    600G 赤7
    青までで強チェリーでAT413枚
    ※チャンス目で2回目が鉄拳制裁に
  7. 特訓1
    164G BAR 頂まで昇格 まちこ先生
    AT576枚
  8. 特訓3
    押忍400、600
    452G BAR 10t
    AT128枚
  9. 特訓2
    押忍220
    214G赤7
    黄色まで失敗
  10. 特訓1
    104G赤7
    虹までAT509枚

さて設定はいくつでしょうか?

実はこれ、自分が打った設定456確定しているデータの前後半データなので、同じ台です。

後半に直撃が2回あるものの、周期抽選が弱くなり、かなり厳しい展開でかなり枚数を減らしています。

今回のデータが456のいずれの設定であるのかは分からないものの、直撃に関しては設定6確定のどの台よりも良い数値であったことを考えると、かなり設定6に近いのではないかと思っています。

要するに、ヒキ次第では高設定でも厳しい展開になることもあり、途中で台が豹変してしまうこともあるということなのだと思います。

設定56確定でほぼトントンのデータもありましたので、今回お伝えした情報を参考にしながらも、引き際は間違わないように打っていくことが、安定した勝ちにつながるのではないかと思います。

「押忍!番長ZERO」設定56ハイエナまとめ!

押忍番長ZERO18

自分で打っている場合だけでなく、データ履歴を見て高設定のハイエナをする場合の参考になるように、今回お伝えした内容をまとめておきますので、ホールでご活用ください。

《設定56を狙うためのポイント》

  • AT直撃は1回なら低設定でも起こる。高設定を狙うなら1/2000以上くらいか!?
  • 2周期以降の当選率に注目すると勝ちやすい台だけでなく、設定6も狙えるかも!?
    ※狙い目は50%以上70%に近付ければ6も視野に入るかも!?1周期目を超えてから1.5~2回以内の周期で当たるような台が狙い目
  • 初当たり確率は1/200以上を狙うと良いかも!?
  • データ上REGから40%以上ATにつながっている台を狙っていくと良いかも!?
  • BIG(赤青非考慮)からのAT当選率は55%以上を狙っていくと、高設定を掴みやすく勝ちやすいかも!?反対に40%を切るようだと危険!?
  • ZEROモード(1周期目)抽選での当選率が40%程度になる台は注意!50%以上で出来るだけ高い数値になる台を選んだ方が勝ちやすく、高設定を掴めるかも!?
    ※高設定確定データでは58%程度の当選率
  • BIG確率単体なら1/300以上、REG確率単体なら1/1000以上を狙うと良いかも!?
  • BR比で高低の判断を付けることは難しいかも!?
  • 天井到達は5%以下の台を狙うと勝ちやすいかも!?設定6を狙うなら1%以下か?
  • オスオスガチャは、確定系演出以外の信頼度は高くないかも!?

《参考データ:高設定確定データの赤青比率と当選率》

  • 青7出現比率:38.2%
  • 青7からのAT当選率:73.5%
  • 赤7出現比率:61.8%
  • 赤7からのAT当選率:45.5%

《参考データ:設定6確定データのみのオスオスガチャ&設定示唆要素》

  • 発見(5期待度UP):32.4%
  • 偶然(偶数):38.2%
  • 高値(高設定示唆):2.9%
  • ソックリ(246確定):1.5%
  • ゾウ(4以上確定):0%
  • マッスル(5以上確定):0%
  • パンダン(設定6確定):0%
  • RB5人(高設定示唆):2.9%
  • RB6人(設定5以上):0%
  • 放課後(高設定弱):10.3%
  • パンダ谷(高設定強):5.9%
  • 青山モータース(4以上):2.9%
  • ライバル(5以上確定):1.5%
  • 宇宙(設定6):1.5%

にくじるchバナー2

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧