実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【P火曜サスペンス劇場 最後の推理】パチンコ新台評価、感想、スペック、当選時の内訳、改善点

火曜サスペンス劇場9

「P火曜サスペンス劇場 最後の推理」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。
※評価は基本的に初打ちでの印象を基準に行っています。必要に応じて複数回打った方が良いと判断した場合は複数回打ってから記事にしていますが、実稼働時間は少ない状況で評価していますのでご了承ください。
※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

火曜サスペンス劇場1

《勝手に評価!この台の評価は?》 ※10点満点

  • 総合評価・オススメ度:★★★★★★(6点)
  • 演出面:★★★★★★★(7点)
  • 出玉面・スペック:★★★★★★(6点)
にくじる
にくじる

319で突破はキツイかも。でもありなのかも。

《初打ち・初心者向け!無駄玉防止のために押えておくべきポイント》
遊タイム(天井)なし

にくじるツイッターバナー2

台の基本情報

火曜サスペンス劇場5

  • 機種名:P火曜サスペンス劇場 最後の推理
  • メーカー:サミー
  • 導入時期:2021年8月
  • タイプ:突破型&転落型確変機。突然時短付き
  • 確変突入率:10%
  • 初当たり時短時の突破率:約47%
  • 確変継続率:約80%
  • 遊タイム(天井):なし

出玉獲得までの流れ

  1. 1/319.7を当て、出来れば10%の直撃当たりを引く
    直撃出来なかった場合は、200回転の時短中に1/319.7を当てることで「超・真相究明RUSH」へ
    火曜サスペンス劇場3
  2. 「超・真相究明RUSH」では1/307の転落を引かず、1/112.2を引き続けることで連チャンさせる。継続率は約約80%
    火曜サスペンス劇場7

当選確率

  • 通常時の当選確率:1/319.7
  • 通常時の突然時短確率:1/1724.6(恩恵:時短100回転)
  • 高確率時の当選確率:1/112.2
  • 高確率時の転落確率:1/307
  • 賞球数:1&5&15 10C
  • ラウンド別出玉数
    10R:約1400個
    4R:約560個

当選時の内訳

通常時

  • 10R確変(220回):1.0%
  • 10R確変(120回):9.0%
  • 4R通常(200回):44.8% ※電サポ中の当選は220回
  • 4R通常(200回):45.2% ※電サポ中の当選は120回

右打ち中

  • 10R確変(220回):50.0%
  • 10R確変(120回):50.0%

※確変に関しては、内部的に転落しておらず確変状態の場合には、確変当選または転落まで電サポ継続

初稼働の状況

火曜サスペンス劇場2

何度か打ったのですが、なかなか突破ができず苦労しすぎたため、別のメンバーに依頼。

何とか突破後の写メはゲットしましたが、個人としては大爆死中です。
(゜―Å)

筐体関連

火曜サスペンス劇場4

筐体に関しては、打ちにくいということはありません。

ただ、筐体の一番上の部分(北斗無双3でいうところの「真」にあたるところ)に「崖」とあるのが、なかなかシュールです。

設置されている島に向かっていくときに初めて見た時には、流石に笑ってしまいました。

演出関連

火曜サスペンス劇場8

火曜サスペンス劇場自体が、昔のコンテンツであるのですが、すべて撮りおろししているのは凄いと思いました。

主役の片平なぎさ、船越英一郎はもちろんですが、脇を固める俳優陣も豪華です。
※釈由美子、おのののか、武田真治、袴田吉彦など

山村紅葉のドヤ顔(上の写真)も拝めます。

リーチや確変中など、事件を解決する流れを楽しめて良いと感じました。

あと、火曜サスペンス劇場のあの音が流れるのは、ちょっとテンション上がります。

出玉関連

火曜サスペンス劇場6

本機は大きく分けて3つのパートに分かれているのですが、深読みし過ぎているかどうかは分かりませんが、ひょっとすると、ちゃんと意味をもたせているのではないかと感じました。

  • 突破:難問を突破
  • 転落:崖から転落、犯人が落ちる(自供する)
  • 突然時短:突然の閃き

上記の推理があっているとすると、よく世界観を活かした開発をしている気がしました。

ただ、1/319の200回転での突破がなかなか厳しいと感じました。

とは言え、こういったスペックもバリエーションとしてあるのは良いのではないかと思います。

個人的総評

火曜サスペンス劇場10

どうやらちゃんと放送したみたいですが、普通に新作ドラマのクオリティでした。

台としては突破が大変ではありますが、演出など含めて個人的には好きな部類です。

転落タイプであるため、一撃性も期待できるので、1回当てて時短突破にチャレンジしてみようと思える台でした。

稼働継続予測と適正台数予測

  • 稼働継続:1~4か月
  • 適正台数予測:1台
    ※250台規模のホールとして予想

次回作改善要望

出来るかどうかは別として、「崖役モノでの羽根モノ」なんかできたら面白そうだと思いました。

崖から球が落ちたら当たりなのか、説得できてとどめたら当たりなのかは分かりませんが、崖に球があって、片平なぎさ人形、船越英一郎人形が迫っていくみたいなのはどうでしょう?

メーカーさん、よろしくお願いします。

記事下部にある「TAGS」も活用してみて下さい。
#の付いている各タグをクリックすると
そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧