実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【パチスロ哲也-天運地力-】スロット新台評価、感想、打ち方、設定差、設定判別、立ち回り、改善点

哲也天運地力5

「パチスロ哲也-天運地力-」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。
※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

《勝手に評価!この台の評価は?》 ※10点満点

  • 総合評価・オススメ度:★★★★★(5点)
  • 演出面:★★★★★★★(7点)
  • 出玉面・スペック:★★★★★(5点)
にくじる
にくじる

まとまった出玉を出せそうな感じが全くしないのですが・・・。
(;´▽`A“

《初打ち・初心者向け!最低限抑えておくべきポイント》

AT後は引き戻しゾーンである33Gを回しましょう。
※引き戻しゾーンは同一有利区間となっています。
※33Gでの復活もあるので、通常画面に戻るまで打った方が良いです。

スロット天井リストバナー

台の基本情報

哲也天運地力15

  • 機種名:パチスロ哲也-天運地力-
  • メーカー:Daiichi
  • 導入時期:2020年12月
  • タイプ:純増変動型AT機(純増2.5 or 5枚)

ゲーム性について

  1. 通常時は、レア役、またはリプレイやチェリーなどでポイント(リール下の麻雀牌)を貯め、CZ「頂上決戦」を目指す

  2. CZ「頂上決戦」では、押し順ベルによりAT「玄人タイム」を目指す。
    ※頂上決戦は1局9G以内に3回ベルを揃えれば、次のセットへの継続が確定する
    哲也天運地力11トータルで12回ベルを揃えればクリアとなるので、4局目(最終局)に進む前にATが確定することも多い。

  3. AT「玄人タイム」は純増2.5枚で1セット30G。レア役やポイントMAXで麻雀勝負や雀聖ボーナスを抽選。
    哲也天運地力4
    ※加符招来ポイント:ハズレやレア役で画面上部に雀が増え、ベルナビでポイント獲得する。但し雀がストックされている状態でリプレイを引いてしまうと、ストックが消える。
    哲也天運地力13
    哲也天運地力3
  4. 純増5枚の「雀聖ボーナス」は15Gごとに規定ポイントがあり、クリアすることでゲーム数が継続する仕組み。ミッションクリアでATのモードが上がるなどの恩恵がある。
    哲也天運地力2
  5. AT終了時は5Gの「天運チャンス」に突入し、フリーズすることで次セットへの継続や「雀聖ボーナス」を放出する
    哲也天運地力7
  6. 「天運チャンス」に失敗すると通常時に戻るが、有利区間は引き継がれており33Gの「引き戻しゾーン」へ突入している。33G以内にATやボーナスを引き戻す可能性あり。
    哲也天運地力6

基本的な打ち方

目押しレベル

色目押しが出来れば問題ない。

通常時の打ち方・リール配列

哲也天運地力1

  1. 左リール上段付近にバーまたは赤7を狙いチェリーをフォロー
  2. 右リール適当押ししスイカがテンパイした場合は、中リールにバーを目安にスイカをフォロー。

立ち回りのポイント

情報は正確であるよう配慮していますが、間違っている可能性もありますので、最終的な判断は、ご自身でご判断ください。

天井&恩恵

  • 天井:有利区間移行後867G(引き戻しゾーン後に有利区間が切り替わるので実質900G)
  • 恩恵:雀聖ボーナス

やめ時

  • AT終了後33G。
    ※画面が切り替わるタイミングでの逆転復活を確認しているので、通常画面に戻るのを確認してやめた方が良さそう。

 

設定差・設定推測

設定差に関しては、個人的に注目したいポイントのみ記載しています。細かい部分まで知りたい方は、解析サイトなどをご覧ください。

注目すべき設定差

  • AT終了後の引き戻しゾーン終了時(33G)の画面示唆
    現状詳細は不明だが、赤背景は高設定示唆、緑背景は特定設定を否定している模様。
    哲也天運地力10
    哲也天運地力12

初稼働の状況

とても苦戦しました。

AT突入6回まで頑張ったのですが、まとめると以下のような感じになっています。

  • AT突入回数:6回
  • 最高連チャン数(ボーナスも1回に含めて):3連
  • 最高獲得枚数:約370枚

勝てるわけないやん!

にくじるくん怒るSD

筐体関連

筐体に関しては特に打ちにくいということはなかったです。

演出関連

 

哲也天運地力9

演出では5thリール風になっているので、メーカーは違えどちゃんと過去の作品を踏襲している点は良かったと思います。

また演出として疑似遊技を上手く活用している良い例だと感じました。
※CZ「頂上決戦」でレア役獲得時の「玄人技発動」など。

ただ「卓回し」時のリールで、熱くないことが分かってしまうところは、無くても良かったかもしれません。

出玉関連

 

哲也天運地力14

本機の問題点は、おそらく出玉関連に集約されているような気がします。

もちろん高設定であれば出るのかもしれませんが、周りの台を見ていても、出る気配すら感じることが出来ない状況でした。

問題点がいくつかあるので、まとめてみます。

  • 全然連チャンしない。
  • AT中のポイントが全く機能しない。(1回も当たらず)
  • 天運チャンスでの引き戻し割合が低いし、レア役引いてもフリーズしない。
  • 引き戻しゾーンは通常時なので出玉が減るし、引き戻しが少ない
  • 純増5枚のAT「玄人タイム絶景」に入れらないから2.5枚AT機
  • 15枚役がメインなので、通常時のコイン持ちが暴れる

このようにかなりの問題点があるため、どうにも出せる気がしないのです。

AT中は連続でハズレを引いた方がポイントを貯められるので、ハズレを願いつつ打つのですが、結局当たらないし出玉も少なくなるという最悪の状況になります。

やっと当たったのに純増2.5枚で1セット30Gを消化し、かつ33G回して減らすことになるのですから、打ち続けられないのです。

個人的総評

哲也天運地力8

特に初代哲也をしこたま打った自分としては、やっと哲也が打てると楽しみにしていただけに、非常に残念な結果となってしまいました。

疑似遊技の使い方など、演出面では良いところがあったにも関わらず、出玉面で台無しにしてしまった印象です。

せめてAT中のポイントでの当選率を何とかして欲しかったですね。

哲也が2回ほど選ばれたにも関わらず、狙え演出だけで何もなかったですから・・・。

稼働継続予測と適正台数予測

  • 稼働継続:0~1か月
  • 適正台数予測:0~1台
    ※250台規模のホールとして予想

次回作改善要望

少なくとも「出るかも」と思わせる出玉設計をしてください。

初打ちで設定が入っていなかった可能性もありますが、一撃が期待できる気がしませんでした。

打ち手は「出る可能性があるから打つ」わけです。

その基本は外さないようにして欲しいものです。

メーカーさん、よろしくお願いします。
m(_ _)m

記事下部にある「TAGS」も活用してみて下さい。
#の付いている各タグをクリックすると
そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

 

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧