実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【パチスロ花伝】スロット新台評価、感想、打ち方、設定差、立ち回り、改善点

花伝7

「パチスロ花伝」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。

※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

動画バナー

《初打ち・初心者向け!最低限抑えておくべきポイント》

 

  • 300G+前兆、700G+前兆でCZに突入するので、その直前でやめないこと。
    ※CZでデータカウンターはクリアとなるが、基準は台のカウンター。少し放置すると、セグに数字が表示されるので、そこを基準にする。
  • 100G以内にCZ非当選であれば、100G+前兆でCZに当選するため、1回CZ入れるまで打つのはありかも・・・。(当選率が低いので自身で判断してください)
    ※実際にCZ発動を確認したところ、120G手前くらいでCZに入っています。
  • 通常時に結構な頻度で押し順ナビが出るので注意。
  • 詳細不明ですが、ナビ無視によるペナルティが、かなり厳しいとの噂があるので、ご注意ください。

台の基本情報

花伝9

  • 機種名:パチスロ花伝
  • メーカー:アムテックス
  • 導入時期:2020年1月
  • タイプ:AT機(純増6.2枚、ボーナス連打タイプ)

ゲーム性について

  1. 通常時は、基本的にゲーム数やレア役等でCZを目指す
  2. 8G固定のCZ「猪鹿蝶チャンス」で、AT当選を狙う
  3. AT「五光降臨」当選時はベルナビ20回の擬似ボーナス
  4. AT終了後は30G固定の「こいこいタイム」に突入。1/3.6に当選することで、ベルナビ10回の「乱舞ボーナス」に当選しまくるゲーム性。
  5. 30G終了後は、再度「こいこいタイム」に復帰する可能性あり?

簡単にまとめると、CZからATを当て、30G間に如何に1/3.6を引けるかというゲーム性。30Gなので、平均8.3回引けることとなり、最初の「五光降臨」と合わせると、平均約1100枚の獲得が期待できる。

基本的な打ち方

目押しレベル

色目押しが出来るレベルであれば問題ないと思います。

通常時の打ち方・リール配列

花伝1

  • 左リールバーを上段付近に目押ししてチェリーをフォロー
    他は基本的に適当押しで問題ないです。

但し、頻繁に押し順ナビが出るので、その際にはナビ通りに押しましょう。

立ち回りのポイント

情報は正確であるよう配慮していますが、間違っている可能性もありますので、最終的な判断は、ご自身でご判断ください。

天井&恩恵

  • 第一天井:300G+前兆
    恩恵:CZ確定
  • 第二天井:700G+前兆
    恩恵:CZ確定(期待度高めのCZの模様)
    ※ここで有利区間が途切れます。ランプを見ていると確認することができます。
  • CZ失敗回数天井
    同一有利区間内で、規定回数連続でCZ失敗すると、次回CZでAT確定
    失敗回数は「6,10、14回」となっており、90%以上の確率で10回が選択される。つまり、10回天井が選択されていた場合、700G以内に11回CZを当てられれば、11回目のCZでATが当選するということ。

参考:有利区間のセグについて

有利区間に関しては、「貯留」セグの右下のドットの表示で確認ができます。

少し分かりにくいですが、普段は下の写メのように右下のドットが点灯しています。

花伝5

下の写真は、700+前兆でCZを失敗したあとのドットが消えている状態です。数ゲームで点灯し、通常時に戻ります。

花伝2

参考:チャンスゾーン前兆とチャンスゾーン表示

チャンスゾーン前兆時には、台がざわざわし始めますが、なかでも複数「H」が表示されるパターンは熱めです。

花伝4

最終的に、「3つ同じ数字+H」で、CZに突入します。

花伝6

 

やめ時

  • AT後の五光ランプ消灯後
  • 700G天井を失敗した後
  • AT後や700G天井後、1回CZ入れるまで打つというのもあり。
    ※100GまでにCZに入らない場合、前兆経由してCZに突入するため。実際の発動は120G手前くらいを確認しています。

これらが、やめ時としては良いかもしれません。やめる際には、台のカウンターを確認してからやめるようにしましょう。

データカウンターではCZで0Gとなりますが、台としてはCZではゲーム数がクリアされません。300手前、700手前で捨ててしまわないように注意しましょう。

花伝3

 

設定差・設定推測

設定差に関しては、個人的に注目したいポイントのみ記載しています。細かい部分まで知りたい方は、解析サイトなどをご覧ください。

設定確定パターン

なし

注目すべき設定差

  • CZ当選率
    設定1:1/97.9
    設定2:1/95.0
    設定3:1/92.0
    設定4:1/89.2
    設定5:1/87.5
    設定6:1/82.7
  • 初回CZ当選時のループ当選率
    設定1:7.8%
    設定2:9.0%
    設定3:10.9%
    設定4:12.5%
    設定5:13.7%
    設定6:15.2%

※ループに当選すると、それ以降のループ抽選は、設定不問で50%ループします。あくまでもCZ初当たりに対するループ当選率です。

初稼働の状況

もう何も言いますまい。

CZだけをしこたま消化させられて終わりました。

 

追記

後日、再度打ってきました。

途中、状況が良さそうな台に移動したら、即ハイエナされ、1発目のCZで入れられるという悲惨な状況に!

にくじるくん怒るSD
こちらも、なんとかCZに入れると・・・

 

 

 

 

 

音楽が南国育ちのアレっ!!!!!

当然このCZで当たり、念願の千本桜!

結果、9回当てることに成功し、1000枚ほど獲得できました。

 

筐体関連

4つボタンである意味があったのかは、良く分かりませんが、ボタンの大きさなどの関係からなのか、純粋に打ちにくかったです。

昔の山佐の4つボタン(バイオ、キン肉マン)では、あまり感じなかったのですが、慣れるまでに時間がかかりました。

スライド対応できていれば、4つボタンでも気にならなかったかもしれません。分かりませんけど・・・。

演出関連

シンプルなゲーム性であり、レバーオンに力が入るポイントが明確なので、良いと思います。

ただ、打ち手側からすると、頻繁に起こるナビの意味合いが分からず、面倒な印象を受けてしまいました。

当たると「千本桜」が流れるのも、世界観にあっていていいですね。

出玉関連

出玉に関しては、30G間に1/3.6を引くゲーム性は良かったと思います。

1/3.6なので、確率分母も小さく、平均して1000枚程度を獲得できるのは魅力的です。

その反面、CZの繰り返しの青天井というのは、ちょっと厳しかったです。

まったく当たりを引けずに、やめることになってしまうことも多く、楽しい部分を全く堪能できないという点は、厳しかったと思います。

個人的総評

花伝8

初稼働では当てることは出来なかったものの、熱いところが分かりやすく、平均獲得枚数も分かっているため、打ちたくなってしまいます。というか個人的には、結構好きです。
(;´▽`A“

好き嫌いが分かれる台ではあるとは思いますが、一定数のファンは付くような気がします。

ただ、やはりCZの突破率が低すぎるので、もう少しだけマイルドにするか、AT確定のスルー天井を付けて欲しかったというのが、正直なところです。
※今回の台でもスルー天井はありますが、限定的なスルー天井であるので、あまり恩恵を受けられないのです。

稼働継続予測と適正台数予測

  • 稼働継続:1~3か月
  • 適正台数予測:1、2台
    ※150台規模のホールとして予想

多台数設置での長期稼働は厳しいかもしれませんが、バラエティーに置いておく分には、一定数好きな人がいるはずなので、稼働継続予測以上に長期設置しても良いと思います。

次回作改善要望

ATを楽しめるように、調整して欲しいものです。

CZ突破率なのか、直撃の比率なのか、スルー天井なのか、いろいろな方法があるかと思いますが、一番楽しい部分を楽しめないのは、やっぱり辛いのです。

ただ、ボーナス連打できるあの30G間は、かなり良いので残しつつ、あわよくば、1Gずつでも上乗せチャンスがあると、より熱くなれると思いました。

メーカーさん、よろしくお願いいたします。
m(_ _)m

記事下部にある「TAGS」も活用してみて下さい。
#の付いている各タグをクリックすると
そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧