実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【ぱちんこAKB48 ワン・ツー・スリー!!フェスティバル(AKB123)】パチンコ新台評価、感想、スペック、当選時の内訳、改善点

AKB123-13

「ぱちんこAKB48 ワン・ツー・スリー!!フェスティバル(AKB123)」を個人的に勝手に評価いたします。

※個人的な評価と予想であるため、結果が異なったり、違う意見の方もいらっしゃると思いますので、ご了承ください。
※記事を立ち回りの参考にするのは構いませんが、最終判断はご自身でお願いします。責任を負うことはできません。

《初打ち・初心者向け!無駄玉防止のために抑えておくべきポイント》

  • 右中段のアタッカー当たりのラウンド間は止め打ち必須。
  • 「Vを狙え」で10個入賞した後は、ボーナス種類決定演出が出るので打ち出しをやめた方がよい。
  • フェスティバルRUSHチャレンジは、保留2個貯まったら打ち出しをやめてよい。
    ※画面中央下あたりに小さく数字が出ます。

動画バナー

台の基本情報

AKB123-7

  • 機種名:ぱちんこAKB48 ワン・ツー・スリー!!フェスティバル
  • メーカー:京楽
  • 導入時期:2019年12月
  • タイプ:一種二種混合機(RUSH継続率約80%)

AKBの新台は、通常時の演出を過去の台の演出3種類(初代「重力シンパシー」「バラの儀式」「誇りの丘」)から選べる仕様。
※何もしなければ、順番に切り替わっていきます。

さらにライトミドルでありながら、一種二種混合機で、大量出玉も期待できる。

出玉獲得までの流れ

  1. 1/199.9を当てる
  2. 時短1回+保留2回で1/4.9を当てる
  3. 時短5回+保留2回で1/4.9を当て続けることで、大量出玉を獲得する
    AKB123-2

当選確率

  • 通常時の当選確率:1/199.9
  • 高確率時の当選確率:1/4.9
  • 賞球数:3&1&2&4&5&10&15 10C
  • ラウンド別出玉数
    10R:約1320個
    7R:約920個
    5R:約660個
    4R:約360個
    3R:約300個

当選時の内訳

AKB123-12

  • 通常時
    4R(時短1回+保留2回):100%
  • 右打ち中
    10R(時短5回+保留2回):60%
    7R(時短5回+保留2回):1%
    5R(時短5回+保留2回):4%
    3R(時短5回+保留2回):35%

初稼働の状況

初当たりは224回転。

AKB123-1

初当たりでは、なんとかRUSHに当選させることに成功!

AKB123-9
4連で4400発ほど獲得しました。

 

しかし、その後が悲惨でした。

 

314回転当たり⇒RUSH入らず。

 

112回転⇒RUSH入らず。

 

487回転⇒RUSHに突入し、保留でのストックなどを絡めるも3200発。

AKB123-5
そして当たらず死亡。

にくじるくんガクッSD

全然、甘くないやんけ!
凸(゜Д゜#)

※注:あくまでも、にくじるのヒキが腐っているだけで、台のせいではありません。

筐体関連

AKB123-10

筐体関連では、ぷにぷにのボタンが気になります。

稼働が長くなると、手垢などでかなり汚い感じがするのです。今回打った台も、台枠は過去のものを流用していたようで、新台にも関わらず、既に汚い感じでした。

パチンコ台は、不特定多数の人が触ることを考えると、あのボタンは、あまり良いとは思えませんでした。

演出関連

AKB123-4

通常時は、過去の3種類の演出が選べるので、過去の台を打ったことがある方は、懐かしさを感じることが出来ると思います。

ただ、逆に新鮮味は薄いでしょう。

昔の台は「推しメン」を選べましたが、今回は、演出に絡んでくる推しメンという感じではないようで、右液晶に表示されるメンバーを選ぶことができるだけにとどまっているようです。

推しメンがいる人にとっては、少し物足りないかもしれません。

曲も30曲ほど選べますので、ファンにとってはたまらない台であると思います。

他、演出に関しては、熱い演出になかなかいかず、退屈感は多少ありました。
※引けな過ぎましたからね(;´▽`A“

緑保留は全く期待できない、紫も期待できない、赤保留も結構はずれるという点は、演出バランスとしては気になりました。

出玉関連

出玉面に関しては、優秀なスペックであるはずです。
RUSH時の60%が払い出し1500個というのは、やはり魅力があります。

AKB123-8

自分自身が出せなかっただけで、確率通り引けていれば、もっと楽しみながら出玉を獲得できそうです。

個人的総評

ワン・ツー・スリーのタイトルの通り「12月3日」にリリースしたり、過去の123作を融合した形にしたりと、台作りのコンセプトが一貫していて良いと思います。

AKB123-11

スペック的には、結構良い部類に入ると思うので、そこはとても良かったと思います。

ただ、個人的には、その出玉感を体感できていないので、いつかリベンジしたいと思います。

インスタグラムバナー

稼働継続予測と適正台数予測

  • 稼働継続:1~4か月程度
  • 適正台数予測:4~6台
    ※250台規模のホールとして予想

AKBグループ自体の人気が落ちてきているので、そこが稼働貢献への懸念材料ではあります。

また、最近のパチンコは一種二種混合機がかなり増えてきているので、今後出てくる台、既に設置されている台との比較で、AKBが選ばれる台になるのかが、微妙なところです。

次回作改善要望

AKB自体の人気に陰りが見えている点が否めません。今作も、メインとなるのはすでに卒業したメンバーが多いのです。

結果、過去の演出を使うことになってしまっているため、新鮮味が薄れてしまいます。

そのあたりの対策を練っていただけたらと思います。

メーカーさん、よろしくお願いします。
m(_ _)m

記事下部にある「TAGS」も活用して見て下さい。
#の付いている各タグをクリックすると、そのくくりの記事だけが、ピックアップされますよ。
(*^^)v

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧