実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

【沖ドキ!DUO】ハイエナ狙い目データ分析完全版!

沖ドキDUOハイエナ完全版1

沖ドキ!DUOの追加解析(有利区間移行時のテーブル選択割合)が出たので、より精度の高いハイエナを目指して、分析&検証をしてみたいと思います。

改めて検証している部分もあるため、これまで公開していた記事と重複する部分も出てきますが、理解しやすくするための重複なのでご了承ください。

注意点として、前回の「ハイエナ狙い目」記事では、朝一200Gで分類していましたが、今回は朝一に限り168Gを分岐点として集計&分析しなおしています。

そのため、前回とは多少数値の違いがあります。ご了承ください。

にくじる
にくじる

本記事は、以下の動画や記事を踏まえた部分も多いので、時間が許すのであれば、先にチェックしてから読み進めることをオススメいたします。

【沖ドキ!DUO】実戦データ履歴から設定6&高設定挙動・ハイエナ狙い目まで暴く!!

にくじる
にくじる

また本記事は、非常に膨大な文字数になっています。

おそらく読むのは大変過ぎるはずなので、動画での視聴をオススメいたします。

※動画視聴の上で、より詳しく理解したい部分を記事で確認するのがオススメです。

目次

【基礎知識】沖ドキ!DUOテーブル移行割合

沖ドキDUO1

公開されたテーブル選択割合は、以下のようになります。

沖ドキDUOハイエナ完全版16

  • 有利通常:有利区間移行時(天国抜け時)にレア役を引かなかった場合の移行率
  • 有利チェリー:有利区間移行時にチェリーを引いた場合の移行率
  • 有利スイカ:有利区間移行時にスイカを引いた場合の移行率

レア役を引くタイミングは、おそらく33G目のみだと思われますが詳細は不明です。
※32Gや33~数ゲーム間の可能性もある?
※データからのハイエナには使えないので、今回は全て「有利通常」としての検証のみ

設定変更時に関しては、既に公開されていましたが、新たに「有利区間移行時」の割合が公開されました。

また、モード別の天国以上への昇格率は、以下のような数値が公開されています。

《スイカ・確定役以外からのボーナス当選時天国移行率》

沖ドキDUOハイエナ完全版18

  • 通常A:7.8%
  • 通常B:50%
  • チャンスC:14.8%
  • 特殊D:33.6%
  • 天国準備:100%
  • ドキドキ準備:100%

スイカ、確定役での当選もあるので、実際のデータではもう少し上の数値になりますが、今回は、この数値のみを分析で使って計算します。

また今回の検証で、200G以内にHITする割合を求める項目が多々あります。

今回は32G~200Gの168GのHIT率を45%(おおよそ設定2の近似値)で算出しているのでご了承ください。

朝一当たり状況別ハイエナ

まずは朝一で1回だけ当たっている台のハイエナについて分析&解説します。

この項目については、過去の記事でも分析していますが、今回は前回200Gを基準としていた分岐点を168Gに変更して算出しなおしています。

また、前回よりも掘り下げて分析していますので、チェックしてみてください。

朝一設定変更台狙いは有効か?

メインのハイエナではないですが、確認してみましょう。

但し、データの半分以上は導入初日のデータではあるものの、それ以外のデータもふくまれているので、100%設定変更されているわけではありませんので、ご了承ください。

沖ドキDUOハイエナ完全版17

168G以内のHIT率は57%あるものの、天国突入率が低いようです。

では、積極的に狙う必要があるのかどうかを算出してみましょう。

  • 天国到達時の期待枚数850(天国)~1720(超ドキドキ)枚
    ※前回データから算出した数値では平均740枚
  • 168G以内当選:57%
  • トータル天国移行率:14%(ドキC抜き)

つまり、おおよそですが7回に1回天国に到達できる計算になります。

個人的な体感では25G/50枚なのですが、攻略サイト等では31Gになっていたので31Gで計算すると、天国到達までに毎回168Gで当選すると仮定した場合、1900枚近くかかってしまうので、朝一台を耕すのは、ちょっと難しいように見えます。

もちろん、168Gに毎回行くわけではないので、もう少し良い数値にはなるはずですが、耕し続けて結果が出るような数値かというと、厳しい気がします。
※あくまでも今回のデータ上は。

念のため、公開されたデータから168Gまで打った場合の数値も算出すると、以下のようになります。
※当選率を45%として計算(設定2の近似値)

  • 通常A:選択率41.0%×45%×昇格率7.8%=1.4%
  • 通常B:選択率14.9%×45%×昇格率50.0%=3.4%
  • チャンス:選択率43.4%×100%×昇格率14.8%=6.4%
  • 天国&ドキドキ:選択率0%
  • 特殊:選択率0.8%×45%×昇格率33.6%=0.1%
  • トータル天国移行率(合計):11.3%

データ上のトータル天国移行率14%と比較すると、計算値の11.3%は低い数値になっています。

データでも、解析値を計算した結果でも、やはり朝一に関しては、設定狙いができる状況以外では、あまり旨味が無いように見えます。

朝一チャンスモードC以外が確定する台のハイエナ

朝一168Gを超えた当選履歴(チャンスモードC以外の当選が確定する当たり)があった場合のハイエナについてみてみましょう。

モードC以外でのテーブルだけを集め、さらにそのまま天国に当選してしまっているであろう部分を除外し、最終的に2回目の当たりのモード選択率を計算すると以下のようになります。

沖ドキDUOハイエナ完全版19

「朝一168G超えHIT後⇒200G以内を狙った場合」解析&データでの狙い目

先程の表を使って、公表値から計算で期待値を算出してみましょう。

《200G以内のHIT率》

  • チャンスC(200G以内の当選確定):24.8%
  • それ以外のHIT率:(100―24.8)×45%=33.8%
  • 合計:58.6%

《天国移行期待度》

  • 通常A:22.6%×45%×7.8%=0.8%
  • 通常B:18.7%×45%×50%=4.2%
  • チャンスC(200G以内の当選確定):24.8%×14.8%=3.7%
  • 特殊:1.2%×45%×33.6%=0.2%
  • 天国ドキドキ準備:32.8%×45%=14.8%
  • トータル天国移行率(合計):23.7%(HIT時の天国移行率としては約40%)

このことから、200G以内にHITする割合は58.6%と、比較的高い数値にはなるものの、トータル天国移行率(200以内にHITして、かつ天国移行する)は、23.7%と低い数値になっており、狙うには厳しい状況が見て取れます。

では、念のため、既に公開している実際のホールデータでも確認してみましょう。

沖ドキDUOハイエナ完全版3

表を見て頂いて分かるように、朝一168G以降HIT⇒2回目200G以内のHIT率は53.1%となっており、先程の計算値と多少の差はあるものの、比較的近い数値が出ていることが分かります。

また200G以内に当選したトータル天国移行率に関しては、31.2%(HIT時の天国移行率としては58.8%)となっており、計算値よりは高い数値を出していることが分かります。

仮に33Gから打った場合、計算値では以下のような状況が予想されます。

  • 200G以内HITせず(41.4%):270枚損
  • 200G以内HITで天国移行(23.7%):850枚―270枚投資=580枚プラス
  • 200G以内HITで天国せず(34.9%):BR平均160枚―270枚投資=110枚マイナス

全体を集計すると、一回当たりの期待値としてはマイナスになります。(―12枚程度)

同じようにホールデータで計算を行うと、以下のようになります。

  • 200G以内HITせず(46.9%):270枚損
  • 200G以内HITで天国移行(31.2%):850枚―270枚投資=580枚プラス
  • 200G以内HITで天国せず(21.9%):BR平均160枚―270枚投資=110枚マイナス

全体を集計すると、一回当たりの期待値としてはちょっとプラスになります。(+30枚程度)

今回の算出では、200G以内のHITが全て200Gまで引っ張られる前提で算出しています。

そのためもっとプラス側に働く可能性が高くなるはずです。

よって個人的には、トータルとしては天国移行率が高いとは言えないものの、リスクとしては少ないので、他の空台の状況にもよりますが、狙ってみるのはありなのかもしれないと思いました。

「朝一168G超えHIT後⇒200G以降を狙った場合」解析&データでの狙い目

問題は、200Gを超えた場合です。

200Gを超えた場合、滞在モードは、計算上以下のようになります。

  • 通常A:29.9%(22.6%×55%=12.4%÷41.4%)
  • 通常B:24.9%(18.7%×55%=10.3%÷41.4%)
  • 特殊:1.7%(1.2%×55%=0.7%÷41.4%)
  • 天国&ドキドキ準備:43.5%(32.8%×55%=18.0%÷41.4%)
    ※55%は200G以内にHITしない確率

さらに天国移行期待度を算出すると、以下のようになります。

  • 通常A:29.9%×7.8%=2.3%
  • 通常B:24.9%×50.0%=12.5%
  • 特殊:1.7%×33.6%=0.6%
  • 天国&ドキドキ準備:43.5%×100%=43.5%
  • トータル天国移行率(合計):58.9%

では、実際のデータで確認することにしましょう。

  • 朝一168G超えHIT後⇒200G以降HIT時天国移行率:53.3%
    ※前回記事の数値より良くなっています。

ちょっと低く見えるかもしれませんが、解析値に近い数値が出ていることが分かります。

天国移行率は高いので狙っても良いのですが、200Gを超えた当たりが、どれくらいで当選するか分からないというリスクがあるということだけは、押さえておきましょう。

凄く単純な計算で算出するならば、

  • 天国での期待枚数850枚×天国移行率の中間56%=平均期待獲得枚数476枚
  • 476枚を31G/50枚で換算=約295G(設定1と2の間)

つまり、計算上は295G以内に当選できれば、プラスになる計算となります。

設定1と2の間であるため、現実的に設定だと思います。

そのため、個人的には「朝一168G超えHIT後⇒200G以降」は、どの段階であっても1回の当たりを狙うという打ち方もありかもしれないと感じました。

但し、結構リスクはあるので、深くハマっていればハマっているほど狙いやすい台と言えるはずです。

朝一チャンスモードCだったかも台のハイエナ

朝一168G以内に当選台(チャンスモードCで当選した可能性がある台)のハイエナについてみてみましょう。

朝一モードCのテーブルだけを集め、さらに2回目の当たりのモード選択率を計算すると以下のようになります。

沖ドキDUOハイエナ完全版4

但し、ここで問題となるのは「実はC以外だったけど自力で当てたもの」が含まれていないことです。

今回は、チャンスモード以外での200G以内に当選する割合が、約45%として計算してみます。
※設定2の近似値。天国抜け後の168回転以内に当選する割合から算出

さらにここで考慮しなければいけない項目がもう1つあります。それが「当選時に天国に上がってしまったものを除外すること」です。

すると、以下のような数値になります。

沖ドキDUOハイエナ完全版6

「朝一168G以内HIT後⇒200G以内を狙った場合」解析&データでの狙い目

《200G以内のHIT率》

  • チャンスC(200G以内の当選確定):10.0%
  • それ以外のHIT率:(100―10.0)×45%=40.5%
  • 合計:50.5%

《天国移行期待度》

  • 通常A:31.0%×45%×7.8%=1.0%
  • 通常B:36.3%×45%×50%=8.2%
  • チャンスC(200G以内の当選確定):10.0%×14.8%=1.5%
  • 特殊:0.4%×45%×33.6%=0.1%
  • 天国ドキドキ準備:22.2%×45%=10.0%
  • トータル天国移行率(合計):20.8%(HIT時の天国移行率としては約41.2%)

このことから、200G以内にHITする割合は50.5%と、2回に1回は当選するものの、トータル天国移行率(200以内にHITして、かつ天国移行する)は、20.8%と低い数値になっており、狙うには厳しい状況が見て取れます。

では、念のため、既に公開している実際のホールデータでも確認してみましょう。

沖ドキDUOハイエナ完全版3

表を見て頂いて分かるように、朝一168G以内HIT⇒2回目200G以内のHIT率は44.7%となっており、先程の計算値と多少の差はあるものの、比較的近い数値が出ていることが分かります。

また200G以内に当選したトータル天国移行率に関しては、15.8%(HIT時の天国移行率としては35.3%)となっており、計算値より低いデータになっていることが分かります。

よって、個人的には、1/2で当選することもあり、投資ダメージは少ないかもしれませんが、トータル天国移行率が15.8%~20.8%と低いので、狙う必要はないように見えました。

「朝一168G以内HIT後⇒200G以降を狙った場合」解析&データでの狙い目

朝一168G以内HIT台がある程度回され、200Gを超えていた場合はどうでしょうか。

200Gを超える可能性が無いチャンスモードCである10.0%を除外して、200Gを超えている場合のモード割合を算出しなおすと、以下のようになります。

  • 通常A:34.5%
  • 通常B:40.4%
  • 特殊:0.4%
  • 天国&ドキドキ準備:24.7%

《天国移行期待度》

  • 通常A:34.5%×7.8%=2.7%
  • 通常B:40.4%×50%=20.2%
  • 特殊:0.4%×33.6%=0.1%
  • 天国ドキドキ準備:24.7%
  • トータル天国移行率(合計):47.7%

では、実際のデータでの数値はどうなっているかというと、47.6%となっているので、ほぼ同じような数値になっていることが分かります。

天国移行率47.6%なのでハイエナをしても構わないとは思いますが、朝一の当たりで有利区間をあまり消費できていないため、ハマりと天国移行に失敗したした場合のリスクが大きいので、優先順位としては下げた方が良いかと思います。

有利区間移行後(天国抜け後)当たり状況別ハイエナ

沖ドキDUO4

新たに公開されたモード移行割合を踏まえて、状況別のハイエナを解析情報だけでなく、実際のデータも参照しながらチェックしていきたいと思います。

ここでは分かりやすくするため、表現上「有利区間抜け後、天国抜け後200G」のような表現をしますが、正確には「連チャン抜け後の168Gで、データカウンター上200G」という意味なのでご了承ください。

有利区間移行直後の台のハイエナ

有利区間移行割合が出たので、天国抜け後即やめ台について確認してみます。

公開されたデータを集計すると、有利区間移行後1回目のモード割合は、以下のようになります。

《天国抜け後のモード選択率》

  • 通常A:60.5%
  • 通常B:14.8%
  • チャンスモード:24.0%
  • 特殊:0.8%
  • 天国:0.0%

この数値を元に200Gまでの当選率を考慮して、天国昇格率まで確認すると、以下のようになります。

《天国移行期待度》

  • 通常A:60.5%×45%×7.8%=2.1%
  • 通常B:14.8%×45%×50%=3.3%
  • チャンスC(200G以内の当選確定):24.0%×14.8%=3.6%
  • 特殊:0.8%×45%×33.6%=0.1%
  • 天国ドキドキ準備:0.0%
  • 200G以内のHIT率:58.2%
  • トータル天国移行率(合計):9.1%(HIT時の天国移行率としては約15.6%)

実際のデータも見てみましょう。

沖ドキDUOハイエナ完全版7

200G以内のHIT率は56.1%となっており、58.2%と近い数値になっています。

トータル天国移行率は16.7%(ドキC込29.8%)となっており、9.1%よりは高くなっているものの、流石に狙うのは厳しい数値だと思います。

念のため、公開されたデータから当選するまで打った場合の数値も算出すると、以下のようになります。

  • 通常A:選択率60.5%×昇格率7.8%=4.7%
  • 通常B:選択率14.8%×昇格率50.0%=7.4%
  • チャンス:選択率24.0%×昇格率14.8%=3.6%
  • 天国&ドキドキ:選択率0%
  • 特殊:選択率0.8%×昇格率33.6%=0.3%
  • トータル天国移行率(合計):15.9%

データ上のトータル天国移行率31.5%と比較すると、計算値の15.9%はかなり低い数値になっています。

HIT率が56.1~58.2%と高い数値になっているので、初当たりを狙ってシーサーランプ示唆を確認するという狙いや、高設定狙いという以外では、あまり打つべき区間ではないような気がします。

さらにもし200G以降だけを打つ場合も確認してみます。チャンスゾーンの部分を除いて割合を算出し、計算してみます。

  • 通常A:選択率79.6%×昇格率7.8%=6.2%
  • 通常B:選択率19.5%×昇格率50.0%=9.8%
  • 特殊:選択率1.0%×昇格率33.6%=0.3%
  • トータル天国移行率(合計):16.3%

データ上では200Gを超えた場合の27.6%の天国移行率となっており、16.3%はかなり低い数値になっています。

33~200Gまでのデータ上のドキC込みのトータル天国率が31.5%になっているとは言え、いずれにしても、やはり天国抜け後の初当たりを狙う打ち方は、あまり旨味が無いように見えます。

有利区間移行後チャンスモードC以外が確定する台のハイエナ

天国抜け後に200Gを超えれば、モードC以外での当選が確定します。

公開された情報を元に、データと照らし合わせ、ハイエナポイントを探っていきましょう。

モードC以外でのテーブルだけを集め、さらにそのまま天国に当選してしまっているであろう部分を除外し、最終的に2回目の当たりのモード選択率を計算すると以下のようになります。

沖ドキDUOハイエナ完全版8

「有利区間移行後200G超えHIT後⇒200G以内を狙った場合」解析&データでの狙い目

先程の表を使って、公表値から計算で期待値を算出してみましょう。

《200G以内のHIT率》

  • チャンスC(200G以内の当選確定):32.0%
  • それ以外のHIT率:(100―32.0)×45%=30.6%
  • 合計:62.6%

《天国移行期待度》

  • 通常A:29.0%×45%×7.8%=1.0%
  • 通常B:14.7%×45%×50%=3.3%
  • チャンスC(200G以内の当選確定):32.0%×14.8%=4.7%
  • 特殊:0.8%×45%×33.6%=0.1%
  • 天国ドキドキ準備:23.6%×45%=10.6%
  • トータル天国移行率(合計):19.7%(HIT時の天国移行率としては約31.5%)

このことから、200G以内にHITする割合は62.6%と、比較的高い数値にはなるものの、トータル天国移行率(200以内にHITして、かつ天国移行する)は、19.7%と低い数値になっており、狙うには厳しい状況が見て取れます。

では、念のため、既に公開している実際のホールデータでも確認してみましょう。

沖ドキDUOハイエナ完全版11

表の「200G以降HIT」の欄を見て頂いて分かるように、有利区間移行後200G超えHIT後⇒2回目200G以内のHIT率は59.5%となっており、先程の計算値と多少の差はあるものの、比較的近い数値が出ていることが分かります。

ただ200G以内に当選したトータル天国移行率に関しては、28.3%(HIT時の天国移行率としては47.5%)となっており、計算値よりかなり高い数値を出していることが分かります。

これらのことをまとめると、計算値とデータでの差が大きいため、該当区間のハイエナについては、どちらを信用するかでハイエナするかしないかが変わってきてしまいます。

そのため、最終的な判断としては、ご自身でお願いするしかありません。

約60%前後の割合で200G以内の当選が見込めることは、計算上もデータ上も同じなので問題ありません。

但し、HITしたうちの計算上30%程度~データ上50%程度と天国移行率に開きがあるので判断が難しいのです。

個人的には、投資ダメージとしては大きくない区間を狙うことになるので、リスクが少ないことから狙っていっても良いと思うのですが、少し優先順位としては下がるという感じだと思っています。

「有利区間移行後200G超えHIT後⇒200G以降を狙った場合」解析&データでの狙い目

問題は、200Gを超えた場合です。

200Gを超えた場合、滞在モードは、計算上以下のようになります。

  • 通常A:42.6%(29.0%×55%=16.0%÷37.5%)
  • 通常B:21.6%(14.7%×55%=8.1%÷37.5%)
  • 特殊:1.1%(0.8%×55%=0.4%÷37.5%)
  • 天国&ドキドキ準備:34.7%(23.6%×55%=13.0%÷37.5%)
    ※55%は200G以内にHITしない確率

さらに天国移行期待度を算出すると、以下のようになります。

  • 通常A:42.6%×7.8%=3.3%
  • 通常B:21.6%×50.0%=10.8%
  • 特殊:1.1%×33.6%=0.4%
  • 天国&ドキドキ準備:34.7%×100%=34.7%
  • 天国移行期待度:49.2%

では、実際のデータで確認することにしましょう。

  • 有利区間移行後200G超えHIT後⇒200G以降HIT時天国移行率:54.7%

解析値よりも、少しだけ高い数値が出ていることが分かります。

天国移行率としては、計算値でもデータでも高いので狙っても良いのですが、200Gを超えた当たりが、どれくらいで当選するか分からないというリスクがあるだけでなく、1回目の当たりのハマり具合によっては、結局、天国当選まで打ち切らなければならないところまで行く可能性があるということだけは、押さえておきましょう。

とは言え、トータル天国率が高い区間となるので、多少のリスク承知で狙っていくのはありだと思います。

凄く単純な計算で算出するならば、

  • 天国での期待枚数850枚×天国移行率の中間52%=平均期待獲得枚数442枚
  • 442枚を31G/50枚で換算=約274G(設定2と3の間)

つまり、計算上は274G以内に当選できれば、プラスになる計算となります。

設定2と3の間であるため、現実的に設定が投入されている可能性も十分あるだけでなく、仮に1であっても十分引ける確率です。

そのため、個人的には「天国抜け後200G以内HIT後⇒200G以降」は、どの段階であっても1回の当たりを狙うという打ち方もありかもしれないと感じました。

但し、結構リスクはあるので、深くハマっていればハマっているほど狙いやすい台と言えるはずです。

有利区間移行後チャンスモードCだったかも台のハイエナ

天国抜け後の1回目の当たりが200G以内(有利区間移行後168G以内)だった場合、台のハイエナについてみてみましょう。

チャンスモードCのテーブルだけを集め、さらに2回目の当たりのモード選択率を計算すると以下のようになります。

沖ドキDUOハイエナ完全版12

但し、ここで問題となるのは「実はC以外だったけど自力で当てたもの」が含まれていないことです。

今回は、チャンスモード以外での200G以内に当選する割合が、約45%として計算してみます。
※設定2の近似値。天国抜け後の168回転以内に当選する割合から算出

さらにここで考慮しなければいけない項目がもう1つあります。それが「当選時に天国に上がってしまったものを除外すること」です。

すると、以下のような数値になります。

沖ドキDUOハイエナ完全版13

「天国抜け後200G以内HIT後⇒200G以内を狙った場合」解析&データでの狙い目

《200G以内のHIT率》

  • チャンスC(200G以内の当選確定):20.1%
  • それ以外のHIT率:(100―20.1)×45%=36.0%
  • 合計:56.1%

《天国移行期待度》

  • 通常A:43.8%×45%×7.8%=1.5%
  • 通常B:9.4%×45%×50%=2.1%
  • チャンスC(200G以内の当選確定):20.1%×14.8%=3.0%
  • 特殊:0.5%×45%×33.6%=0.1%
  • 天国ドキドキ準備:26.3%×45%=11.8%
  • トータル天国移行率(合計):18.5%(HIT時の天国移行率としては約33.0%)

このことから、200G以内にHITする割合は56.1%当選するものの、トータル天国移行率(200以内にHITして、かつ天国移行する)は、18.5%と低い数値になっており、狙うには厳しい状況が見て取れます。

では、念のため、既に公開している実際のホールデータでも確認してみましょう。

沖ドキDUOハイエナ完全版11

表の「200G以内HIT」の欄を見て頂いて分かるように、天国抜け後200G以内HIT後⇒2回目200G以内のHIT率は61.7%となっており、先程の計算値と多少の差はあるものの、比較的近い数値が出ていることが分かります。

また200G以内に当選したトータル天国移行率に関しては、26.2%(HIT時の天国移行率としては42.5%)となっており、計算値より高いデータになっていることが分かります。

よって、個人的には、56~62%で当選することもあり、投資ダメージは少ないかもしれませんが、HITしても33.0~42.5%、かつトータル天国移行率が18.5%~26.2%と低いので、積極的に狙う区間ではない気がしています。

「天国抜け後200G以内HIT後⇒200G以降を狙った場合」解析&データでの狙い目

天国抜け後200G以内HIT台がある程度回され、200Gを超えていた場合はどうでしょうか。

200Gを超える可能性が無いチャンスモードCである20.1%を除外して、200Gを超えている場合のモード割合を算出しなおすと、以下のようになります。

  • 通常A:54.8%
  • 通常B:11.8%
  • 特殊:0.6%
  • 天国&ドキドキ準備:32.9%

《天国移行期待度》

  • 通常A:54.8%×7.8%=4.3%
  • 通常B:11.8%×50%=5.9%
  • 特殊:0.6%×33.6%=0.2%
  • 天国ドキドキ準備:32.9%
  • トータル天国移行率(合計):43.3%

では、実際のデータでの数値はどうなっているかというと65.6%となっているので、実戦データの方が、かなり数値が高いことが分かります。

天国移行率43.3~65.6%なのでハイエナをしても構わないとは思いますが、天国抜け後1回目の当たりで有利区間をあまり消費できていないことがネックとなります。

とは言え、トータル天国率が高い区間となるので、多少のリスク承知で狙っていくのはありだと思います。

凄く単純な計算で算出するならば、

  • 天国での期待枚数850枚×天国移行率の中間54.4%=平均期待獲得枚数462枚
  • 462枚を31G/50枚で換算=約287G(設定2の近似値)

つまり、計算上は287G以内に当選できれば、プラスになる計算となります。

設定2の近似値であるため、現実的に設定が投入されている可能性も十分あるだけでなく、仮に1であっても十分引ける確率です。

そのため、個人的には「天国抜け後200G以内HIT後⇒200G以降」は、どの段階であっても1回の当たりを狙うという打ち方もありかもしれないと感じました。

但し、結構リスクはあるので、深くハマっていればハマっているほど狙いやすい台と言えるはずです。

ドキハナモード&ドキハナチャンス考察

前回の分析で、ハイエナには使えなそうであるとお伝えしましたが、実際に数値も公開されたので、検証&考察をしてみたいと思います。

有利区間移行時のドキハナモードの振り分けは、以下のようになります。

沖ドキDUOハイエナ完全版15

狙うべきはモードC以上で、それぞれ以下のような特徴があります。

  • モードC:ドキハナチャンス発生確定
  • モードD:ドキハナチャンス発生&成功確定
  • モードE:ドキハナチャンス25%で発生

モード昇格契機に関しては、「規定ゲーム数」「スイカ成立時」の昇格があることは判明していましたが、今回、規定ゲーム数での昇格の詳細が公開されました。

基本的には「通常Aの400Gの25%でA⇒B、B⇒Cへと昇格」または「通常A700Gまではめて100%でA⇒B、B⇒Cへと昇格」させ「モードC滞在時に通常Aの700G到達した場合の50%で確定のモードD」に到達するという感じになります。

このことから、スイカ昇格を考慮しない場合、条件が厳しいことが分かります。

《ドキハナモード昇格条件》

  • 通常Aに滞在していること
  • 400Gを超え、25%の抽選を突破すること
  • ドキハナモードABなら100%モード昇格する通常A700Gを超えること
  • 確定Dを狙う場合は、モードCに昇格した後に通常Aの700Gを超えること

とりあえずドキハナチャンスが発生するモードCまで到達することを目指すとして、計算してみると以下のようになります。

※今回は通常A以外での昇格(0.4%)と通常A500、600Gの昇格5.1%は計算が複雑になるので除外した概算値として算出するのでご了承ください。

設定変更時のドキハナチャンス狙い考察

《設定変更時》

  • 初回「通常A」選択割合:41.0%
  • ドキハナモードA選択率:47.6%
  • ドキハナモードB選択率:24.0%
  • ドキハナモードE選択率:28.0%
  • 400Gハマる割合:26.4%(設定1)
  • 700Gハマる割合:9.8%(設定1)
    ※記事では400,700で進めますが、朝一に関しては-32Gする可能性が高いものと思われます。

通常A&ドキハナA選択時400Gハマり、かつモード昇格する割合

  • 41%×47.6%×26.4%×25%=1.3%

通常A&ドキハナB選択時400Gハマり、かつモード昇格する割合

  • 41%×24%×26.4%×25%=0.6%

つまり、かなり厳しい確率になっていることが分かります。

ただ、これはあくまでも全体の数値から算出した数値なので、逆に朝一400G以上ハマっていた場合、どれくらいの期待が持てるのかを計算すると、

《設定変更確定台の400G以上ハマり台のドキハナ期待度》

  • モードCを除外した通常A割合:72.3%
    ※200Gを超えた時点で通常Aの割合
  • ドキハナモードA選択率:47.6%
  • ドキハナモードB選択率:24.0%

スタート時通常A&ドキハナA⇒400昇格⇒現在モードB

  • 72.3%×47.6%×25%=8.6%

スタート時通常A&ドキハナA⇒400昇格なし⇒現在モードA

  • 72.3%×47.6%×75%=25.8%

スタート時通常A&ドキハナB⇒400昇格⇒現在モードC

  • 72.3%×24.0%×25%=4.3%

スタート時通常A&ドキハナB⇒400昇格なし⇒現在モードB

  • 72.3%×24.0%×75%=13.0%

スタート時通常A&モードC⇒そのままモードC

  • 72.3%×0.4%=0.3%

スタート時通常A&モードE⇒そのままモードE

  • 72.3%×28.0%=20.2%

これらを集計すると、以下のようになります。

  • モードA率:25.8%
  • モードB率:21.6%
  • モードC率:4.6%
  • モードD率:0.0%
  • モードE率:20.2%

さらに、通常A以外の数値を加味する必要があります。

通常B、Dを合わせた27.7%の詳細は以下の通りになります。

スタート時通常BD&ドキハナA⇒そのままモードA

  • 27.7%×47.6%=13.2%

スタート時通常BD&ドキハナB⇒そのままモードB

  • 27.7%×24.0%=6.6%

スタート時通常BD&ドキハナC⇒そのままモードC

  • 27.7%×0.4%=0.1%

スタート時通常BD&ドキハナE⇒そのままモードE

  • 27.7%×28.0%=7.8%

これらを全て合わせると、以下のようになります。

《朝一400G到達時のドキハナモード期待度》

  • モードA率:39.0%
  • モードB率:28.2%
  • モードC率:4.7%
  • モードD率:0.0%
  • モードE率:28.1%

つまり、モードC以上の確率は32.8%となります。

但し、モードEに関しては25%しかドキハナチャンスが発生しないことを考慮すると、計算上では11.7%しかドキドキチャンスが発生しないということになるわけです。

ちなみに、データ上では「朝一ボーナス当選時に天国に上がらなかった400G越え699Gまで:1/11(9.1%)」となっており、成功した分しかデータで見えていないことを踏まえると、あながち間違っていない数値ではないかと思います。

さらに700Gを超えた場合は、以下のようになります。

《設定変更確定台の700G以上ハマり台のドキハナ期待度》

スタート時通常A&ドキハナA⇒400昇格なし⇒700Gで昇格、現在モードB

  • 72.3%×47.6%×75%×100%=25.8%

スタート時通常A&ドキハナA⇒400昇格あり⇒700Gで昇格、現在モードC

  • 72.3%×47.6%×25%×100%=8.6%

スタート時通常A&ドキハナB⇒400昇格なし⇒700Gで昇格、現在モードC

  • 72.3%×24.0%×75%×100%=13.0%

スタート時通常A&ドキハナB⇒400昇格あり⇒700Gで現在モードCまたはD(比率1:1)

  • 72.3%×24.0%×25%×100%=4.3%

スタート時通常A&モードC⇒そのままモードC

  • 72.3%×0.4%=0.3%

スタート時通常A&モードE⇒そのままモードE

  • 72.3%×28.0%=20.2%

これらを集計すると、以下のようになります。

  • モードA率:0%
  • モードB率:25.8%
  • モードC率:24.1%
  • モードD率:2.2%
  • モードE率:20.2%

さらに、通常A以外の数値を加味した場合、以下のようになるはずです。

《朝一700G到達時のドキハナモード期待度》

  • モードA率:13.1%
  • モードB率:32.4%
  • モードC率:24.2%
  • モードD率:2.2%
  • モードE率:28.1%

よってC以上の期待度としては、約54.5%となります。

但し、Eに関しては発生率が25%なので、ドキハナチャンス発生期待度でいうと約33%というのが計算上の値となりますが、スイカでの昇格や、500、600Gの昇格が無視されているので、もう少し数値が高くなることが予想されます。

では、念のためデータで確認してみることにします。
データでは、失敗データを取得できないので、発生率ではありませんのでご注意ください。

  • 朝一ボーナス当選時に天国に上がらなかった700G越え:3/5(60%)

設定変更の状況は分からないものの、高い数値を叩き出していることが分かります。

C以上の期待度約54%、ドキハナチャンス発生期待度約33%よりも、高い数値が予想されるので、ハマることでスイカでの昇格チャンスが多く、実際に昇格していることが予想されます。

但し、あくまでも700Gを超えて初めてドキドキチャンスの確率がアップするだけで、その手前で当たってしまうと、天国移行率は25.6%と低いデータとなっています。

この数値がドキハナ込みのデータであり、かつ700G以降の当選でドキハナ率が高いことを踏まえると、700G以降に当てられるほどハマっていなければ、打つのは避けた方が良さそうです。

有利区間移行時のドキハナチャンス狙い考察

《有利区間移行時》

  • 初回「通常A」選択割合:60.5%
  • ドキハナモードA選択率:66.0%
  • ドキハナモードB選択率:33.2%
  • ドキハナモードC&E選択率:0.4%
  • 400Gハマる割合:26.4%(設定1)
  • 700Gハマる割合:9.8%(設定1)

通常A&ドキハナA選択時400Gハマり、かつモード昇格する割合

  • 60.5%×66.0%×26.4%×25%=2.6%

通常A&ドキハナB選択時400Gハマり、かつモード昇格する割合

  • 60.5%×33.2%×26.4%×25%=1.3%

つまり、かなり厳しい確率になっていることが分かります。

ただ、これはあくまでも全体の数値から算出した数値なので、逆に有利区間移行後400G以上ハマっていた場合、どれくらいの期待が持てるのかを計算すると、

《有利区間移行後の400G以上ハマり台のドキハナ期待度》

  • モードCを除外した通常A割合:79.5%
    ※200Gを超えた時点で通常Aの割合
  • ドキハナモードA選択率:66.0%
  • ドキハナモードB選択率:33.2%

スタート時通常A&ドキハナA⇒400昇格⇒現在モードB

  • 79.5%×66.0%×25%=13.1%

スタート時通常A&ドキハナA⇒400昇格なし⇒現在モードA

  • 79.5%×66.0%×75%=39.4%

スタート時通常A&ドキハナB⇒400昇格⇒現在モードC

  • 79.5%×33.2%×25%=6.6%

スタート時通常A&ドキハナB⇒400昇格なし⇒現在モードB

  • 79.5%×33.2%×75%=19.8%

スタート時通常A&モードC⇒そのままモードC

  • 79.5%×0.4%=0.3%

スタート時通常A&モードE⇒そのままモードE

  • 79.5%×0.4%=0.3%

これらを集計すると、以下のようになります。

  • モードA率:39.4%
  • モードB率:32.9%
  • モードC率:6.9%
  • モードD率:0.0%
  • モードE率:0.3%

さらに、通常B、Dを合わせた20.5%の詳細は以下の通りになります。

スタート時通常BD&ドキハナA⇒そのままモードA

  • 20.5%×66.0%=13.5%

スタート時通常BD&ドキハナB⇒そのままモードB

  • 20.5%×33.2%=6.8%

スタート時通常BD&ドキハナC⇒そのままモードC

  • 20.5%×0.4%=0.1%

スタート時通常BD&ドキハナE⇒そのままモードE

  • 20.5%×0.4%=0.1%

これらを全て合わせると、以下のようになります。

《有利区間移行後400G到達時のドキハナモード期待度》

  • モードA率:52.9%
  • モードB率:39.7%
  • モードC率:7.0%
  • モードD率:0.0%
  • モードE率:0.4%

つまり、モードC以上の確率は7.4%となります。

但し、モードEに関しては25%しかドキハナチャンスが発生しないことを考慮すると、計算上では7.1%しかドキドキチャンスが発生しないということになるわけです。

ちなみに、データ上では「有利区間初当たり時に天国に上がらなかった400G越え699Gまで:5/48(10.4%)」となっており、失敗したデータが見えていないことを踏まえると、ホールではもう少し高い数値になっている可能性があります。

さらに700Gを超えた場合は、以下のようになります。

《有利区間移行後700G以上ハマり台のドキハナ期待度》

スタート時通常A&ドキハナA⇒400昇格なし⇒700Gで昇格、現在モードB

  • 79.5%×47.6%×75%×100%=28.4%

スタート時通常A&ドキハナA⇒400昇格あり⇒700Gで昇格、現在モードC

  • 79.5%×47.6%×25%×100%=9.5%

スタート時通常A&ドキハナB⇒400昇格なし⇒700Gで昇格、現在モードC

  • 79.5%×24.0%×75%×100%=14.3%

スタート時通常A&ドキハナB⇒400昇格あり⇒700Gで現在モードCまたはD(比率1:1)

  • 79.5%×24.0%×25%×100%=4.8%

スタート時通常A&モードC⇒そのままモードC

  • 79.5%×0.4%=0.3%

スタート時通常A&モードE⇒そのままモードE

  • 79.5%×28.0%=22.3%

これらを集計すると、以下のようになります。

  • モードA率:0%
  • モードB率:28.4%
  • モードC率:26.5%
  • モードD率:2.4%
  • モードE率:22.3%

さらに、通常B、Dを合わせた20.5%の詳細は以下の通りになります。

スタート時通常BD&ドキハナA⇒そのままモードA

  • 20.5%×66.0%=13.5%

スタート時通常BD&ドキハナB⇒そのままモードB

  • 20.5%×33.2%=6.8%

スタート時通常BD&ドキハナC⇒そのままモードC

  • 20.5%×0.4%=0.1%

スタート時通常BD&ドキハナE⇒そのままモードE

  • 20.5%×0.4%=0.1%

これらを全て合わせると、以下のようになります。

《朝一700G到達時のドキハナモード期待度》

  • モードA率:13.5%
  • モードB率:35.2%
  • モードC率:26.6%
  • モードD率:2.4%
  • モードE率:22.4%

よってC以上の期待度としては、約51%となります。

但し、Eに関しては発生率が25%なので、ドキハナチャンス発生期待度でいうと約34.6%というのが計算上の値となりますが、スイカでの昇格や、500、600Gの昇格が無視されているので、もう少し数値が高くなることが予想されます。

では、念のためデータで確認してみることにします。
データでは、失敗データを取得できないので、発生率ではありませんのでご注意ください。

  • 有利区間初当たり時に天国に上がらなかった700G越え:5/21(23.8%)

いずれにしても、朝一以外の有利区間移行後(天国抜け後)の初当たりを取っていない状況においては、天国移行率やドキハナチャンスを考慮しても、ハイエナには適していないと言えそうです。
※よっぽどのハマり台は別です。

【沖ドキ!DUO】ハイエナデータ分析完全版まとめ

沖ドキ!DUOハイエナで狙えそうなポイントをまとめておきます。

朝一台ハイエナ狙い目

朝一168G以降HIT台⇒200以降狙い

天国率が高い区間。ハマりが深いほどブレにくいものの、計算上1/295以上で当てられればプラスになるはず。

やめる場合は、有利区間消費状況を考慮し、継続すべきか判断。
※2回目200以降ボーナス天国率53.3~58.9%

朝一168G以降HIT台⇒200以内狙い

期待値はちょいプラス程度なので優先順位は低い

  • HIT率53.1~58.6%
  • HIT時天国率40~58.8%
  • トータル天国移行率23.7~31.2%

有利区間移行後(天国抜け後)ハイエナ狙い目

有利区間移行後(天国抜け後)200G以降HIT台⇒200以降狙い

天国率が高い区間。ハマりが深いほどブレにくいものの、計算上1/274以上で当てられればプラスになるはず。

やめる場合は、有利区間消費状況を考慮し、継続すべきか判断。
※2回目200以降ボーナス天国率49.2~54.7%

有利区間移行後(天国抜け後)200G以内HIT台⇒200以降狙い

天国率が高い区間。ハマりが深いほどブレにくいものの、計算上1/287以上で当てられればプラスになるはず。

やめる場合は、有利区間消費状況を考慮し、継続すべきか判断。
※2回目200以降ボーナス天国率43.3~65.6%

有利区間移行後(天国抜け後)200G以内&以降HIT台⇒200G以内狙い

共にHIT率が高いものの、天国に上がる期待度は高くない区間。

優先度は低いものの、リスクが少ないので他になければ狙ってみるのもありかも

最終的にどうなるかは分かりませんが、今回のハイエナ狙い目分析では、解析値からの計算を含んでいるので、そこまで大きく間違っていないのではないかと思います。
※いろいろ計算したので、計算自体が間違っていたらごめんなさい。m(_ _)m

いずれにしても、結果が伴うとは限りませんので、最終判断、信じるか信じないかはご自身でご判断ください。

にくじるchバナー2

にくじるショップバナー2

にくじるツイッターバナー2

立ち回り支援攻略バナー1

沖ドキDUOハイエナ完全版立ち回りフローチャートV2

※動画を最後まで視聴した方向けのおまけプレゼントです。画像をクリックすると拡大するのでスマホに保存して使ってみてくださいね。実際に使う時は拡大しながら使わないと文字は確認しにくいです。

データに基づいたフローチャートなので、実際にどうなるかは分かりません。そのため100%信じてしまう方はご遠慮ください。
m(_ _)m

皆さんが勝てること&沖ドキDUOの稼働が長期継続することを願って!

にくじるくん手を振るSD

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧