実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

パチンコ屋集客|集客につなげる遊タイム搭載機の扱い方!

パチンコ屋集客遊タイム集客

パチンコの天井(遊タイム)を搭載した機種が登場してから、数か月が経ちました。

しかし、同じ遊タイムを搭載した機種を導入しているにも関わらず、ホールでの扱いは様々です。

スロットの集客力が落ちている状況下で、遊タイム搭載機は集客の武器になります。

にもかかわらず、集客につなげるどころか客離れを引き起こし、店の評判を落としているホールさえ見受けられるのです。

今回は、そんな「遊タイム搭載機」での集客について、詳しく解説していきます。

ホール経営の根本的な部分にも触れながら解説していきますので、ホール関係者は、正しく把握して集客につなげて欲しいと思います。

パチンコホール集客支援サービスDASHバナー2

ユーザーを逃がしてしまう遊タイム機運用とは?

集客とは反対にユーザーを逃してしまったり、お店の評判を落としてしまうような遊タイム機運用をしているホールが散見されます。

では、具体的にどのような運用で、顧客離れや評判低下を起こしているのでしょうか。

大きく分けると2つの点で、顧客離れや評判低下を引き起こしています。

《顧客離れを引き起こす遊タイム機運用》

  1. 天井のリセット
  2. 回らない釘調整

パチンコホールに集客をしたい場合、打ち手側の目的を明確に把握していることが重要です。

特に遊タイム搭載機を打つユーザーの心理としては、「勝ちたい」「負けにくい状況で勝負したい」という、お金に直結した願望があります。

これらのユーザーは、「好きなコンテンツだから楽しみたい」というようなユーザーとは少し質が違い、「勝ちたい」「負けにくい状況で勝負したい」という欲求の方が強いユーザーが多いです。
※もちろん両方を望むユーザーも多いです。

「勝ちたい」「負けにくい状況で勝負したい」というユーザーにとって、「天井のリセット」「回らない釘調整」はどう捉えられるでしょうか。

  • 宵越しで天井が発動するかと思ったらリセットされててがっかり。
  • 天井も見据えて打ち始めたら、全く回らなくてイライラする

当然ですが、これらはホールに足が向かない理由になります。つまり、集客効果どころか遠ざけることになるのです。

とは言え、ホール経営側の心理も分かります。

リセットをすれば投資額は増えますし、釘を締めれば天井までの投資額が増えるので、多くの利益を確保できることも分かります。

しかし、多くのホールでバランスが崩壊しているのです。

具体的には、ボーダーライン-1、2回転程度ではなく、-4~8回転のような調整がゴロゴロしているのです。

パチンコは設定が見えないパチスロとは異なり、設定が丸わかりであると言えます。

果たして、設定1と同じように負けると分かる台ばかり置かれているパチンコホールに、ユーザーは集まるのでしょうか?

このような当たり前のことにすら気が付かず、釘をガチガチに締めているホールが、あまりにも多いように見受けられるのです。

にもかかわらず、「台に客が付かないから新台入替でしか集客出来ない」というようなことを言うのです。

台を選定する目も必要ではありますが、そもそも客を飛ばしてしまうような間違った運用をしていることで、負のサイクルを自ら作り上げていると言えるのです。

「打たれない」のではなく、「打てる状況を提供していない」結果、撤去時期が早まり、新台購入費がかさんで経営がきつくなっているわけです。

自店の遊タイム搭載機が、なぜ稼働していないのか、本当の理由を把握するところから始めてみてください。

遊タイム集客を成功させるためにすべきこと

遊タイム搭載機を活用して集客するためには、先ほどの項目でお伝えしたことの逆をやれば良いだけです。

《遊タイム集客を行うためには?》

  1. 天井のリセットをしない
  2. まわる釘調整にする

「天井のリセットをしない」ホールであることが知られていれば、深いハマりの台を狙って来店する人が増えるでしょう。

地道にリセットしないことを周知しても良いでしょうし、規則的に問題でなければ「リセットしないこと」を明言しても良いでしょう。
※射幸心をあおるなどの理由で禁止される可能性もあるのでご注意ください。

データ表示器などで、前日のハマり具合が分かるのも集客の手助けになるでしょう。

「まわる釘調整」に関しては、「そんなことをしては利益が取れない」と言うかもしれませんが、ある程度まわる釘調整にすれば良いだけです。

回らな過ぎてストレスになる程、締めなければ良いだけなのです。

ユーザーは、パチンコ屋が利益を取らなければやっていけないことを知っています。

しかし、利益を取ることばかりに目が向きすぎていて、ユーザーを楽しませるような薄利多売の調整ができていないことが問題なのです。

バランスが崩壊した調整をしていることが問題であると言えるでしょう。

調整に関しては、ホール全体で見ることも重要です。

集客に使える遊タイム搭載機を必要以上に厳しくするのではなく、全体的に少しずつ利益を出せる調整にすれば良いのです。

いつの間にか無視されている「釘調整はしてはいけない」というルールが守られていないことも、ユーザーは知っています。

本来してはいけないという部分であるのに、なぜ過剰に締めてしまうのでしょうか?

経営が上手く行っていない根源的な部分は、こういう部分に潜んでいるというのに、そこに気が付かず「集客が出来ない」と嘆いているのは、ただ責任を他に押し付けているだけに過ぎません。

早く気が付いて頂きたいものです。

ゴールを明確にして集客状況を調整すべし

ホールを経営する場合、トップに立つ人は「目的、目標、ゴール」を明確にする必要があります。

もう少し砕いた言い方をするならば、「どんなホールにしたいか」ということです。

まずは、どんなホールを目指すのかを明確にしましょう。

明確にすることができたら、遊タイム搭載機を活用した具体的な集客活動に入ります。

ここまでお伝えした遊タイム集客を一言で言ってしまえば、「リセットをせずに釘を開けましょう」ということになります。

しかし、これをそのまま鵜呑みにして実行した場合、必ずしもホール経営として良い結果を生むとは言えないのです。

理由は、「目指すべきホール」と現実がズレる可能性があるからです。

分かりやすくするために、具体例を出して解説します。

遊タイム集客具体例1|人が集まり活気のあるホール

目指すべきホールが「人が集まり活気のあるホール」である場合、リセットをしないことはもちろんですが、天井据え置きであることを多くの人に知ってもらう必要があります。

ネットで情報を公開し、多くの人に天井まで近い美味しい台があることを広めていくのです。

天井までのゲーム数が少ない台が多ければ多いほど、多くの人が集まるホールになっていくことでしょう。

遊タイム集客具体例2|地域密着型の憩いの場的なホール

目指すべきホールが「地域密着型の憩いの場的なホール」の場合、先ほどの例のような方式を取ってしまっては、地元ユーザーは居心地が悪くなり、地元民以外の人が集まるホールになってしまいます。

そのため、情報は既に来店しているユーザーを中心に広めていくことが重要となります。

広範囲から集客することが目的ではなく、極地的な集客を目的としていて、一人当たりの来店頻度を上げていく集客になるのです。

そのため、もし地域外からのお客様が増え過ぎた場合には、逆に減らす必要も出てきます。

目指すべきホールとズレてしまい、地域のユーザーの居心地が悪くなるからです。

具体的には、リセットをしたり、釘を締めるなどの調整になるでしょう。

遊タイム集客まとめ

遊タイム搭載機を活用した集客について解説しました。

スロットの集客力が落ちている状況下で、遊タイム搭載機は集客の武器になります。

にもかかわらず、上手く集客に活用できていないばかりか、自らの手で評判を落とし、お客様を逃がしているホールさえあるのです。

下手な運用をして客を飛ばし、結局新台にお金をかけて集客をする。

挙句、その新台も博打的な導入で、さらなる負債を抱えてしまう。

こんなホール経営では上手く行くはずがありません。

遊タイム搭載機を上手く活用することで、集客の起爆剤にすることができますので、今回お伝えした内容を上手く消化して、ホール経営に役立てて頂けたら嬉しいです。

そうすれば、私たち打ち手に取っても、良いホールが増えることになりますから。

※他にも「パチンコ屋集客」について、いくつも記事が公開されています。以下のページにまとめてありますので、参考にしてみてください。

パチンコ・パチスロホール集客案・アイデア・経営のやり方

パチンコホール集客支援サービスDASHバナー2

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧