実際に打ったパチンコ・パチスロ台を勝手に評価。設定判別は必要な部分に絞った初心者に優しいサイト。

パチンコ屋はホームページのことを理解せずに使っているから集客できない!

球

パチンコ屋の多くは、某ホール掲載サイトでホームページ的なものを持っているかと思います。

厳密には、ホールの紹介ページですが、その活用方法があまりにも酷いことに、関係者はお気付きなのでしょうか?

某検索サイトのルールであるのかどうかは分かりませんが、ホール紹介ページの本質を理解せずに、活用しているようにしか見えないのです。

スマホから見た場合には、そこまで感じにくいのですが、パソコンから見ると、その酷さが分かります。

今回は、ホームページ(ホール紹介ページ)について、どうあるべきなのかをお伝えしていきます。

ツイッターバナー

ホームページはどういうもの?

パチンコ屋のホームページを見る人の大半は、打ち手であるお客様です。

身近なホールを検索する人もいれば、打ちたい台を探していたらヒットすることもあるでしょう。

ホームページは、ホールに行ったことのない人にとっては、それが全てであり顔となります
全てになってしまうのですから、非常に重要となります。

では、もう少し掘り下げるために、打ち手側、ホール側の意図を見てみましょう。

打ち手側がホームページを見る理由

打ち手側がホームページを見るには、何らかの理由があります。以下にまとめてみました。

  • どこにホールがあるのかアクセス方法を知りたい
  • どんな設置機種があるのか確認したい
  • レア台を検索していたら設置店としてヒットした
  • 新台が導入されるかを確認したい
  • 入場方法を確認したい
  • 島図が見たい
  • 遊戯形態(5スロがあるのか?など)の確認

このような理由が多いのではないかと思います。

ホール側がHPでしたいこと

  • 初めての人にも来店して欲しい
  • 近隣店に行くよりも自分の店に来て欲しい
  • 自分の店が頑張って出玉還元しているところをみて欲しい

一言にまとめると「とにかく自分の店に来て欲しい」ということが本来の意図であるはずです。

つまり目的は「来店」であるはずです。

実際のHPを確認したら酷かった!

パチンコホールが、ホームページで行いたいことは「来店の促進」です。つまり「集客」のツールの1つとしてHPを持っていると言えます。

ところが、実際のホームページは、殆どのホールが酷いものです。

【実際のホームページの状況】

  • 設置台のバナーがベタベタと連続して張り付けてある
  • 新台入替の告知がベタベタを張り付けてある(なぜか過去の入替まで)
  • いきなり音が流れる動画が勝手に再生される
  • ホールのウリが分からない。そもそもウリが無い
  • メール会員になることのメリットが分からない
  • ブログなどやっていても分かりにくい
  • 自社ホームページにリンクがあっても会社のホームページに飛ばされ、目的のホールは自分でそこから探さねばならない
  • 挙句自社ホームページの内容の方が薄い
  • 島図がない
  • 設置機種はページの一番下で見るまでにかなりスクロールが必要
  • 入場方法についての記載がない

上記は最初にこの記事を書いた2014年の調査結果です。

2019年に改めていくつか確認しましたが、改善されているところもあれば、昔と全く変わらない店舗もありました。

ホームページを見ている時に、特にイライラするのは、設置台のバナーがいっぱい貼ってあるHPです。画像の処理もおそらくしていないため、画像自体が重く、読み込みに時間がかかるのです。

もし機種の情報が必要であれば、打ち手はメーカーや攻略サイトを見れば済みますし、導入されているかいないかは設置機種で判断できます。

最新の新台入替の画像などは必要でしょうが、設置機種について無尽蔵に貼る理由が分かりません。

ましてや目的である「集客」にプラスに働くようには思えないのです。

また、以下のような点も気になりました。

  • ホールのウリが明確に出来ていない
  • メール会員のフォームはあっても実際にどんな内容のメールが届くか不明
  • メールの頻度も不明

メールに登録するメリットが無ければ、打ち手は登録などしません。無駄なメールならいらないのです。

他にも、せっかくブログをやっているのに、入口が分かりにくいところも多く見受けられました。本当に集客したいと思っているのか疑問に感じてしまいます。
結果、今のホームページで、新規のお客様を獲得するのは、非常に困難なホームページに見えてしまうのです。

ぱちんこ、スロットの機種と同じですが、期待感が無ければお客様はついて来ません。どうやって期待感を持ってもらうのか?「行ってみようかな」と思わせるかが重要なのです。

新台入替にばかり頼らずに

マーケティングの勉強や、お客様心理などを勉強しないで、店長をやっている方も多いように感じます。

新台入替しか集客の手段を持たず、無駄な新台入替をして満足している店長、経営者が多いように見えるのです。

なぜならホームページにそれが表れてしまっているからです。

「打ち手が何を求めているのか?」ということが分かっていれば、あんなに酷いHPにはなりません。

 

また、集客時のもう1つ大事なこととして、店長、経営者が「どんなお客様を集めたいのか」ということも重要です。

例えば、「出玉還元すれば集客できる」という方法を鵜呑みにして実行すると、軍団などが多く集まる店になります。遠方からも多くの人を集めることが出来るでしょう。

そのような店内状況を望んでいるのであれば、設定を入れまくり、くぎを甘くしていけば、比較的簡単に店内満席の状況が作れます。ただ、きっと大赤字となり経営者としては失格です。

 

地域密着型にしたければ、それ相応の仕掛けが必要ですし、仕事帰りのサラリーマンを狙うならば、そこを狙った仕掛けが必要です。しかし、HPを見る限り、そういった「ホールの色」や「思い」を感じることが出来ないHPばかりなのです。

どんなお店にしたいのか?どんなお客様に来て欲しいのか?それらをまず決めることから始めてみてはいかがでしょうか?

そして、決まったことをホームページでも表現してみてください。

特色のない、「色」も「思い」もないホールより、よっぽど「行ってみようかな」と思えるホールになると思います。

動画バナー

まとめ

パチンコ屋のホームページの在り方について、お伝えしました。

特に途中でお伝えした、打ち手がホームページを見る理由をしっかり抑えておいてください。

  • どこにホールがあるのかアクセス方法を知りたい
  • どんな設置機種があるのか確認したい
  • レア台を検索していたら設置店としてヒットした
  • 新台が導入されるかを確認したい
  • 入場方法を確認したい
  • 島図が見たい
  • 遊戯形態(5スロがあるのか?など)の確認

少なくとも上記については、すぐ分かるようにしておくことは最低ラインであると思います。

この状況が出来上がった上で、パチンコ屋としての色や思いを打ち出していけば良いでしょう。

どんなお客様に自分のホールで遊戯して欲しいのか?しっかりとイメージし、思い描いた上で、ホームページを構築していってください。

パチンコホール集客支援サービスDASHバナー2

厳選おすすめパチンコ・パチスロ台一覧